文学部 国際文化学科

卒業生メッセージ

写真:神戸市立本多聞中学校 国語科教諭 公立中学校

公立(神戸市)中学校 国語科教諭
(2016年3月卒業)

「国語が苦手」その気持ちが分かるからこそ、できる授業がある。

大学生の頃に経験した塾講師のアルバイト。子どもたちの理解を引き出す面白さを感じて、先生をめざすように。私自身が苦手だった国語だからこそ、つまずきやすいポイントが分かり、できる授業があると国語科教諭を選びました。生徒の興味や理解に関わる"授業の導入"は特に大切にしています。ゼミで学んだ近代文学の知識を活用して授業で取り上げる作品の作者の話をしたり、私が読んだ本の話をしたりと、国語に対する苦手意識を少しでもなくすことができればと工夫を重ねています。またクラスの担任としては、子どもたちと関わる時間を増やすことを意識。休み時間に直接話をするほかに、毎日の生活を記録する生活ノートのやり取りを通して子どもたちの思いや悩みに寄り添う努力を続けています。今後の目標はより柔軟な授業展開ができるようになることです。「なぜこうなったのか」「~した理由は?」同じ質問でも、少しのニュアンスの違いで子どもたちの受け取り方は大きく異なります。そのことをふまえて、子どもたちの反応に合わせた授業が行えるようになりたいです。

私の4年間の学び

  • 1年次

    幅広い学びで可能性を探る。

    将来の選択肢を広めるために、興味のあるさまざまな分野の授業を受けていました。

  • 2年次

    生徒たちから学んだ"教える面白さ"。

    1年次から始めた塾講師のアルバイト。教える面白さを感じ始めたこの頃から先生を将来の職業として意識するようになりました。

  • 3年次

    中学生ならではの悩みと向き合う。

    週に1回、スクールサポーターとして中学校を訪問。年代ならではの悩みを抱える生徒の力になりたいという思いが強くなりました。

  • 4年次

    今フル活用している知識を蓄積したゼミ活動。

    近代文学を主なテーマとしたゼミの活動では多くの作品にふれることができ、今でもその知識が生かされています。

小池さん 国際文化 (2).jpg 情報サービス業

株式会社富士通エフサス 公共・社会基盤ビジネス担当
(2019年3月卒業)

言葉の力を強みに、より便利で快適な環境づくりに貢献する。

就職活動では飲料メーカーや商社、金融機関などさまざまな業種を視野に入れていましたが、今の時代、どの業種でも欠かせないIT分野に興味をもち、就職先を決めました。現在は市役所や大学、病院などの公共施設に対する営業活動が主な業務です。お客様の要望に応じてシステムの最新化や、より作業の効率化を図るための製品提案などを行っています。ITは理系が活躍する分野と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お客様の言葉の真意を読み解く、お客様とエンジニアの間に立ち、より分かりやすい言葉で伝える、この力は文系出身の私ならではの強み。大学時代、言葉の学びを深めたこと、ゼミの活動で市役所や企業の方々にプレゼンテーション をした経験が今の業務に繋がっていると実感します。進化を続けるIT技術や製品に関する知識を身につけることに奮闘する日々の中で、デジタル化が進み市民の方や学生の皆さんがより便利に、快適に過ごされている姿を見ると大きなやりがいを感じます。今後は専門性をさらに磨き、自分の強みを増やしていきたいです。

私の4年間の学び

  • 1年次

    国語の教員をめざし勉強に励んだ1年間。

    入学当初は国語の教員免許状の取得をめざしていたため、教職課程に関する科目に力を入れていました。

  • 2年次

    本を通して表現力、読解力を磨く。

    年に10冊の本を読んで感想文を書く「総合文化購読」に熱心に取り組み、言葉の力を磨きました。

  • 3年次

    デザイン思考について実体験を通して学ぶ。

    "デザイン思考"に興味をもち、岸上ゼミを選択。三田市の特産品"三田青磁"を活用した地域活性化に挑戦しました。

  • 4年次

    学びを生かして社会で輝ける女性に。

    ゼミの活動などを通して、一般企業への就職も考えるように。先生のアドバイスでさまざまな業種を見た上で、進路を決めました。