大学院文学研究科 心理臨床学専攻

カリキュラム

公認心理師※カリキュラム対応

POINT1
人々のこころや身体と向き合う心理専門職を育成します。
POINT2
豊富な学外実習で臨床心理学、心理学分野をさらに深く学びます。
POINT3
"心理・教育相談室"で臨床心理士になるための実習経験を学内で積むことができます。
POINT4
修了年に臨床心理士資格試験を受験可能な"臨床心理士養成第一種指定大学院"に指定されています。
POINT5
公認心理師の資格取得のためのカリキュラムを新たに立ち上げました。

※公認心理師の資格取得には、2つの課程があります。1つ目は、学部・大学院において必要な単位を修得したうえで試験に合格する場合です。 2つ目は、学部で必要な単位を履修し、卒業後、省令で定められた期間の実務経験を積んで試験に合格する場合です。

臨床心理士とは:
公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格。臨床心理学の知識や技能を生かして、心理学的な問題を扱う"こころの専門家"。教育、医療、福祉など、さまざまな場で心身に問題を抱える人々を支援していきます。
公認心理師とは:
国家資格。保健医療、福祉、教育、司法、産業の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、心身に問題を抱える人々を支援していきます。

カリキュラム

必修科目 心理臨床学演習Ⅰ~Ⅳ 特別研究Ⅰ・Ⅱ
臨床心理学特論Ⅰ・Ⅱ カウンセリング特論Ⅰ(心理支援に関する理論と実践) カウンセリング特論Ⅱ
臨床心理査定演習Ⅰ(心理的アセスメントに関する理論と実践) 臨床心理査定演習Ⅱ
臨床心理基礎実習 臨床心理実習Ⅰ(心理実践実習) 臨床心理実習Ⅱ 相談指導Ⅰ・Ⅱ
選択科目 心理学研究法特論 心理学統計法特論 神経心理学特論
学校臨床心理学特論(教育分野に関する理論と支援の展開)
認知行動療法特論(心理支援に関する理論と実践)
社会心理学特論(産業・労働分野に関する理論と支援の展開) 対人行動学特論
コミュニティ心理学特論(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
司法・犯罪心理学特論(司法・犯罪に関する理論と支援の展開)
精神医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開)
精神保健学特論(心の健康教育に関する理論と実践)
福祉心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開)
心理療法特論 発達臨床心理学特論 投映法特論