教育学部 児童教育学科
※現:発達教育学部 児童教育学科 (2022年4月名称変更)

授業紹介・ゼミ紹介

授業紹介

(紹介している授業は2021年度4月入学生までの情報であり2022年度4月入学生から変更になる場合があります。)

教育とメディア

子どもたちにとって、想像力や表現力を発揮できる道具であるデジタルメディア。この授業では、子どもたちがパソコンや各種ソフトを用いて主体的に学ぶ方法について研究します。

子どもと絵本

乳幼児期に絵本に親しみ、物語の世界に浸ることの大切さを学びます。また、毎回グループで読み聞かせを行って技術の向上を図ると共に、多くの絵本に触れることをめざします。

保育内容(表現)

子どもの発達を表現領域の観点からとらえ、保育について具体的に学びながら子どもへの理解を深めます。感じたことを自分なりに表現し、創造性豊かな表現活動に取り組みます。

知的障害児の心理

知的障害児の心理学的特性を幅広く理解します。また、心理的アセスメントについて、ビデオや写真、テスト器具などさまざまな道具を用いて学びます。

保育内容(環境)

子どもたちを取り巻く生活環境や教育環境が、子どもの精神的・身体的成長に与える影響について理解したうえで、保育のあり方や保育者の役割を考えます。

ゼミ紹介

児童教育学専門演習(高橋ゼミ)

知識と体験を結びつけて言葉に対する理解をさらに深める。

絵本や紙芝居、素話などの児童文化財を取り上げて、子どもの成長に欠かせない言葉について学びを深めています。文化祭やキッズオープンキャンパスでは、絵本や紙芝居の読み聞かせブースを出店。子どもたちの反応を直に感じ取ることで新たな気づきを得ることができます。机上の学びと行動を伴った学びの両立により、理解を深めています。

Student's Voice

研究テーマは絵本の読み聞かせや素話などの言語表現活動。何度も声に出して練習し、口調や表情を工夫していく中で、子どもたちの反応がよくなっていきました。自分の中での気づきを大切に、今後も子どもを楽しませる読み聞かせのスキルを修得したいです。

児童教育学専門演習(山本ゼミ)

主体的に音楽と向き合い、豊かな感性、自己表現力を育む。

音楽により親しむための基礎的な能力、感性豊かな音楽表現力の修得を目標としています。3年次にはゼミ生全員でオペレッタ表現活動に挑戦。台本作成をはじめ、歌唱・衣装・舞台装置などすべてゼミ生たちで創り上げ、小学校などでボランティア公演を行います。この活動を通して、豊かな自己表現力や創造力、協調性を身につけ、音楽の素晴らしさを伝えることができる先生の育成に取り組んでいます。

Student's Voice

「海賊」をテーマにオペレッタ制作に挑戦。演技や図工、音楽などゼミ生一人ひとり得意なことは異なります。ボランティア公演が成功し、得意分野を各々が生かし合うことの素晴らしさを実感。今後も表現力を磨き、より多くの子どもたちと触れ合える力をつけていきたいです。

児童教育学専門演習(森ゼミ)

知識と体験を結びつけて言葉に対する理解をさらに深める。

子どもたちのこころに残る学校生活について"授業作り"の観点から研究。教師の仕事を学ぶ小学校での授業見学や、教師の言葉の力を培う授業ごっこ(模擬授業)から一人ひとりがめざす教師像を明確にして、夢の実現を後押しします。自分の言葉で語り、子どものこころにやる気の灯をともすことのできる先生の育成をめざしています。

Student's Voice

ゼミでは模擬授業を行い、ゼミ生同士お互いに良い点や改善点などを共有。「教科書通りにする必要はない」というアドバイスは授業の進め方を見直すきっかけになりました。ポイントを先に話すなど友達の良い所を吸収し、小学校の先生に必要な指導力をさらに磨きたいです。

講座・イベント紹介

講座紹介

教員養成講座

教育委員会から課長や管理主事の方をお招きし、求める教員像や学力向上対策についてお話しいただきます。教員のやりがいや課題をしっかりイメージできる貴重な機会となっています。

各種セミナー

教員採用試験に向け、各科目の基礎力アップや面接対策を行う「教採セミナー」や、音楽・体育の実技を練習する「教員採用試験2次直前対策講座」など、各種の課外科目を開講しています。

イベント紹介

アート・ウィーク

学習の成果を披露する児童教育学科独自のイベントです。毎年多くの方が本学に足を運び、卒業制作などの作品や講堂で行われる演奏会・ダンス発表会を楽しんでいます。

ランチタイムコンサート

年に2回、1号館の玄関ホールでミニコンサートを開催しています。お昼休みを利用して、音楽関連の講義やゼミの受講生、部活動・サークルの部員が練習の成果を発表します。