発達教育学部 児童教育学科

授業紹介・ゼミ紹介

授業紹介

外国語活動教育論

「外国語活動」が小学校において必修となった背景を理解すると共に、学習指導要領にも触れることで、具体的な目標や課題、指導のあり方について理解します。

キッズメディア

子どもたちにとって、想像力や表現力を発揮できる道具であるデジタルメディア。この授業では、子どもたちがパソコンや各種ソフトを用いて主体的に学ぶ方法について研究します。

子どもと絵本

乳幼児期に絵本に親しみ、物語の世界に浸ることの大切さを学びます。また、毎回グループで読み聞かせを行って技術の向上を図ると共に、多くの絵本に触れることをめざします。

保育内容(表現)

子どもの発達を表現領域の観点からとらえ、保育について具体的に学びながら子どもへの理解を深めます。感じたことを自分なりに表現し、創造性豊かな表現活動に取り組みます。

知的障害児の心理

知的障害児の心理学的特性を幅広く理解します。また、心理的アセスメントについて、ビデオや写真、テスト器具などさまざまな道具を用いて学びます。

保育内容(環境)

子どもたちを取り巻く生活環境や教育環境が、子どもの精神的・身体的成長に与える影響について理解したうえで、保育のあり方や保育者の役割を考えます。

講座紹介

教員養成講座

教育委員会から指導主事をお招きし、求める教員像や学力向上策についてお話しいただきます。教員のやりがいや課題をしっかりイメージできる貴重な機会となっています。

各種セミナー

教員採用試験に向け、各科目の基礎力アップや面接対策を行う「教職セミナー」や、音楽・体育の実技を練習する「直前対策講座」など、各種の課外科目を開講しています。

イベント紹介

アート・ウィーク

学習の成果を披露する児童教育学科独自のイベントです。毎年多くの方が本学に足を運び、卒業制作などの作品や講堂で行われる演奏会・ダンス発表会を楽しんでいます。

ランチタイムコンサート

年に2回、1号館の玄関ホールでミニコンサートを開催しています。お昼休みを利用して、音楽関連の授業やゼミの受講生、また部活やサークルの部員が練習の成果を発表します。

ゼミ紹介

児童教育学専門演習(山本ゼミ)

4年次生

歌や踊りで子どもたちと心を通わせることができる先生に。

オペレッタを制作して、小学校でのボランティア公演や定期発表会を行っています。幼稚園の先生や小学校の先生など、めざす夢がさまざまなゼミ生の間では多様な角度から意見が飛び交い、新しい発想に触れることができます。将来は、歌やダンスでコミュニケーションをとれる特別支援学校の先生になりたいです。

児童教育学専門演習(金山ゼミ)

4年次生

先生との関係性が子どもの学習意欲を高める。

先生と生徒の関係づくりに着目して、学級経営についての研究をしています。地方の教育委員会などで講義を聞く機会も多く、現場で役立つ知識が身についていると実感しています。先生がうまく働きかけることで、子どもの学習意欲が高まるということを学びました。生徒との関係性を意識しながら、子どもたちが楽しく学べる環境づくりができる先生になりたいと思っています。

児童教育学専門演習(猪田ゼミ)

4年次生

子どもの個性を育むための"遊び"に対する見識を深める。

主に子どもの"遊び"について学んでいます。子育て支援ひろば『すくすく』では、新聞紙を使った遊びなど親子で楽しめるプログラムを実施し、学びを深めました。子どもたちと触れ合ったり、地域の幼稚園を見学したりと、実践的な学びが多いことがこのゼミの特徴です。またゼミの先生が元幼稚園の先生なので、現場のお話を聞くことができます。より具体的なイメージをもって、保育現場での経験をさらに積みたいです。