発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科

コース紹介

ジュニアスポーツ教育コース

コースの特徴

  • 目標とするのは、子どもの潜在能力を最大限に引き出し、高められる指導力を身につけること。スポーツの好き嫌いを問わず、子どもたちが心身共に成長できるよう、知識と理論を深めていきます。
  • 中学校・高等学校の保健体育教諭に求められる力を理論的に習得。一方で、子どもたちと実際に触れ合う機会も多数提供し、教育現場で生かせる能力を磨きます。

スポーツカウンセリングコース

コースの特徴

  • "燃えつき"や"スランプ"など、スポーツに関するさまざまな心理的課題を研究し、解決に取り組みます。運動が嫌いな子どもたちの心理についても学び、心理的サポートができる指導者をめざします。
  • 子どもたちは、さまざまな心理状態でスポーツに取り組んでいます。メンタルケアを学び、子どもたちの心理を適切に評価できる能力を養成します。心身共に安心してスポーツに取り組める環境づくりを学びます。

スポーツマネジメントコース

コースの特徴

  • スポーツそのものだけでなく、関連するマーケットやマネジメント、企業活動などを学びます。関係する企業について研究することで、スポーツとビジネス双方の知識を生かした分野での活躍をめざします。
  • 講義で知識を養うばかりでなく、運動嫌いな子どもがどうすれば好きになるかという点も視野に入れて学校や地域でのイベントを企画。さらには立案・運営するためのスキルの習得もめざします。

身につくチカラ

  • 子どもの能力を引き出す指導力
  • 心身の両面を支えられる対応力
  • スポーツと地域を結ぶ企画力
  • スポーツで健康を支える技術力

在学生メッセージ

新たな視点でスポーツを学び、進みたい道を模索する。

小学校から高等学校まで陸上競技をしていた経験から、将来はスポーツに関わる仕事がしたいと思っていました。大学では、今までにない視点からスポーツを学ぶとともに、新しいスポーツにも挑戦したいと考えています。「ダンス」の講義では、自由に体を動かすなかで、自然と会話が生まれることに面白さを感じています。進路についてはまだ模索中ですが、今はスポーツマネジメントに興味があり、今後さらに学びを深めたいと思っています。

1年次生
だから私は親和!!

親和に通う姉から講義などの話を聞くうちに、親和への思いが高まりました。参加したオープンキャンパスでの模擬講義が楽しかったこと、先生との距離が近いことが決め手となり、親和を選びました。

私の時間割のポイント

3年次生の姉におすすめの講義を聞きながら時間割を組みました。ソフトボールやダンスなど、初めてのスポーツにも挑戦しています。空き時間には、小学生に陸上競技を教えるボランティア活動に参加したいと考えています。

技術と知識を身につけて、さまざまなスポーツに挑戦したい。

スポーツの技術面はもちろん、1年次に履修した「栄養学」では、健康的な身体づくりについて学び、睡眠や食事など、普段の生活でも自ら実践して身につけています。また、印象に残っているのは、遠泳実習で約50名の先頭を泳いだことです。先頭を泳ぎながら、常に後ろを泳ぐ仲間に気を配って声かけを行い、仲間と共に泳ぎ切ることができた経験は、体力的、精神的に成長したと感じています。今後は苦手なダンスやエアロビックダンスに積極的に取り組むと同時に、まだ経験したことのないスポーツにも挑戦していきたいです。

2年次生
だから私は親和!!

間違ったことは正し、できた時は褒めてくれた中学時代のバスケットボール部顧問の先生に憧れて、教育の道を志すようになりました。私も子どもをしっかりと見て、小さな変化にも気づいてあげられる先生になりたいと思っています。

私の時間割のポイント

スポーツの技術面を伸ばしたいと思い、バレーボールなどの実技科目を取り入れました。空き時間は、ジムを利用して体を動かすこともあります。友だちとの時間を大切にしながら、将来に向けて学びを深めています。

一人ひとりの心身の状態に応じた指導ができる先生に。

人間の身体やトレーニングの特性、効果など、スポーツに関連することを幅広く習得しています。また、スポーツ大会の運営サポートなどのボランティア活動を通じて、障がい者の方へのスポーツ指導についても学んでいます。障がい者の方には、より大きな動作で分かりやすく説明して指導するなど、経験を通じて学んだことがたくさんあります。今後は、心理的アプローチもできるようにゼミで学びを深め、一人ひとりの心身の状態にあった指導ができる保健体育の先生をめざします。

3年次生
だから私は親和!!

小さい頃から水泳や器械体操、ソフトボールなどに取り組むなかで、スポーツで得られる達成感を子どもたちにも伝えたいと思うようになりました。指導者になるための"スポーツを学べる"と思い、親和を選びました。

私の時間割のポイント

2年次までは障がい者スポーツ指導員など、より多くの資格取得をめざして学んでいましたが、3年次からは教員採用試験に向けた学びを中心に時間割を組みました。空き時間は、講義の予習、復習に活用しているほか、部活動の自主練習に参加しています。

生徒の自主性を引き出す授業づくりをめざして。

3年次から模擬授業や指導案の作成など、より実践的な学びが増えました。模擬授業を行うなかで、"生徒が主体となる授業づくり"を意識するようになりました。先生が全て教えるのではなく、生徒が考え、自ら行動できるようにサポートすることが大切だと感じました。今は実際の指導法や技術面を中心に学んでいますが、精神面からもサポートできるように、今後は心理学をより深く学びたいと思います。

4年次生
だから私は親和!!

技術面だけでなく、スポーツを通じて子どもたちの人間性を高めたいと思い、先生をめざすようになりました。幼稚園から続けているテニスと、勉強に全力で取り組める環境があることが、親和を選んだ決め手でした。

私の時間割のポイント

4年次では教育実習や教員採用試験対策に専念できるよう、3年次までに必修科目以外の卒業に必要な単位を取り終えました。自主トレーニングや部活動で体を動かして息抜きをしながら、4年間の学びの総仕上げを行いたいです。