発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科

卒業生メッセージ

写真:高槻市立第十中学校 保健体育科教諭 公立中学校

高槻市立第十中学校 保健体育科教諭
(2016年3月卒業)

生徒の不安定な時期の支えになりたい。
思い描く理想の保健体育の先生をめざして。

大学入学当初は、保健体育の先生への想いが強いわけではありませんでした。それでもこの道を選んだのは、親和で先生方から教育現場の話を聞き、"中学生の不安定なこころを支えたい"と感じたから。今は1・2年生の女子を担当しています。同じ競技を指導しても、クラスによって反応は大きく違います。試行錯誤の毎日ですが、"生徒の言葉に耳を傾け続ける教師"をモットーにこれからも精進していきたいです。

学生時代の思い出

精一杯部活に取り組んだ4年間。仲間との絆が何よりの財産。

バスケットボール部での活動が一番の思い出。教員採用試験に合格した時、部員の皆が自分以上に喜んでくれたことは今でも忘れません。

写真:株式会社 上組 事務職 中井 妃花梨 さん 総合物流会社

株式会社 上組 事務職
(2015年3月卒業)

お客様からの感謝がやりがい。
失敗も、成長への力に変えて。

国際物流を行う会社で、通関書類の作成など基本的な事務処理を行っています。海外の方とのやり取りでは、思わぬトラブルが発生することも少なくありません。イレギュラーな事態に臨機応変に対応するためには、まだまだ経験が必要だと感じています。失敗しても落ち込まずに、大学で培った"試行錯誤"の姿勢で、自分なりに考えて取り組んでいきたいです。

学生時代の思い出

今でも思い出す、上海での海外研修。

上海での2週間、協定校でスポーツの授業を受けたり、ナイトクルージングをしたりしました。短い期間でしたが、とても楽しかったです。