学部学科・大学院

文学部 総合文化学科

総合文化学科
からの
お知らせ

一覧へ

学科長メッセージ

写真:学科長

ENGLISH、日本語、한국조선어…と言葉を学び、多文化を知り、100冊の本を読む総合文化講読や世界のメディア分析の講義を通して、みなさんの目と心の翼を広げてください。また、ここ神戸の地でのフィールド・スタディや、カナダ、オーストラリア、ベトナムなど、海外言語文化研修への参加は、海の向こうの国々へ、みなさんの夢を発信する力になるでしょう。

笹川 洋子教授

文学部 学部長
総合文化学科 学科長

学びの特色

  1. 本を読み、言葉を学んで豊かな表現力を磨きます。
    本を通じて、“読む力”だけでなく“書く力”や“考える力”、“伝える力”を養います。この4つの力が、“自らを表現する力”となります。また、国語の教員免許状(中・高)を取得するための科目や、日本語教員になるための科目も充実しています。
  2. 英語力を鍛え、異文化への理解を深めます。
    今や英語圏だけでなく、国際的な共通語となっている英語。4年間で、“聞く、読む、話す、書く”の4つの英語力を高めます。海外研修プログラムでは、コミュニケーション能力だけでなく異文化への理解も深めます。また、英語の教員免許状(中・高)を取得することも可能です。
  3. 地域に学び、社会に生かす力を身につけます。
    実際に企業や地域を訪れ、話を聞くことで問題点に気づき、その解決策を見つける力を身につけます。さらに、その解決策を提案することでプレゼンテーション力を養うこともできます。社会でも生かせる、実践的な力が育ちます。
  • 資料請求
  • 資料請求