発達教育学部 児童教育学科

卒業生メッセージ

写真:神戸市立鹿の子台小学校 教諭 公立小学校

神戸市立鹿の子台小学校 教諭
(2017年3月卒業)

子どもの自主性、主体性を伸ばせる先生に。

2年生の担任を任されて1年。日々成長する子どもたちの姿に、喜びと大きな責任を感じています。今までは一から教えていたことも、この1年を通して子ども自らが気づき、行動できるようになりました。私自身も少しずつこころの余裕ができ、ノートの取り方など細かいところまで指導が行き届くようになりました。大学時代はゼミの先生をはじめ、仲間にいつも支えられていました。子どもたちにも、周りの皆からの支えに気づき感謝し、友だちを大切にできる子どもになってほしいと思います。

学生時代の思い出

ゼミ生との頑張りが私の力に。

ゼミ室に集まり、皆で教員採用試験の勉強をしたことが思い出深いです。仲間との頑張りが、私のこころの支えとなっていました。

写真:神戸親和女子大学附属 親和幼稚園 教諭 中井 萌乃 さん 私立幼稚園

神戸親和女子大学附属 親和幼稚園 教諭
(2016年3月卒業)

先輩の背中を見て学ぶ日々。子どもの笑顔が活力になる。

担任の先生のサポート役として、年少のクラスを担当しています。毎日間近 で先輩の保育を見ながら勉強しています。朝、子どもたちが「先生!」と笑顔で走って来てくれる時がとても嬉しいです。子どもたちからたくさんの元気をもらいながら、これからも成長していきます。

学生時代の思い出

喜びと苦労の記憶でいっぱいのゼミ室。

実習の準備、卒業論文の執筆などゼミ室で多くの時間を過ごしました。今の自分がいるのはあの日々のおかげです。

写真:社会福祉法人 勝原福祉会 勝原保育園 保育教諭 教諭 認定こども園

社会福祉法人 勝原福祉会 勝原保育園 保育教諭
(2016年3月卒業)

音楽の楽しさを子どもたちと分かち合いたい。

大学時代は、音楽ゼミでオペレッタなどを行い、表現することの楽しさを学びました。今はその楽しさを伝える側になり、子どもたちが楽しそうに歌ったり、表現したりする姿を見ると嬉しさが込み上げてきます。今後も一人ひとりの可能性を最大限に引き出せるよう、子どもたちと色々な経験をしていきます。

学生時代の思い出

仲間と絆を深めた2年間。

ゼミの活動では、友人と互いに切磋琢磨し、色々なことを乗り越えてきました。ずっとずっと大切な仲間です。