発達教育学部 児童教育学科

コース紹介

初等教育学コース

コースの特徴

幅広い知識と技能を養成し、実践的な学びにも取り組みます。
教育現場で必要とされる知識は実にさまざま。授業を通して各教科の指導法や学級経営、子どもの心理の理解といった内容を学ぶことで、多様な知識や技能を身につけます。
ボランティアや海外研修など、学外での取り組みも多彩。
学外で学びを深める機会を豊富に用意しています。小学校での学習補助のボランティアやカナダのトロント大学附属小学校などでの実習を通じて、実践的な力を養います。

授業紹介

理科
社会人の素養として、教育に従事する者として、地球史や人類史の基礎知識と科学的な考え方を身につけることが大切です。自然を科学的に認識する自然科学の概念や法則の基本を理解し、実験や観察の技術を習得します。

幼児教育学コース

コースの特徴

基礎的な知識を身につけ、幼児教育の現場で生かせる力を磨きます。
幼児教育に関する基礎として、知識と理論を身につけます。その上で、ピアノや歌唱などの"音楽表現"、絵画や彫刻などの"造形表現"、ダンスや運動などの"身体表現"といった、実際の現場ですぐに生かせる力を養います。
国内外の幼稚園で学び、知識・技能・意欲を高めます。
実際の幼稚園で学びを深める機会を多数用意しています。それは国内だけに留まらず、イタリアやカナダといった海外にもおよびます。現場での経験が、知識や技能はもちろん、幼児教育のプロとして活躍する意欲も高めます。

授業紹介

幼児教育課程論
教育内容を一定の方法でまとめ、子どもの育つ道筋を想定した教育的配慮と援助の枠組みのことを"カリキュラム"と呼びます。この授業ではその概念を理解し、0~6歳の乳幼児に寄り添うカリキュラムの考え方について学ぶことを目的とします。

保育学コース

コースの特徴

"時代に即した保育力"の養成をめざします。
現代社会において保育者は、保護者と協働して子育てに関わることが重要です。社会の移り変わりに伴い、子どもを取り巻く環境も大きく変化しています。時代の流れに合わせて、決まった考えにとらわれず保育に従事できる人材を育成します。
さまざまな経験を経て、社会に貢献できる人材を育てます。
座学で理論を学ぶだけではなく、多様な実地体験を通じて保護者や子どもと触れ合うことで実践力を身につけます。社会が求める、さまざまなニーズに対応できる人材を育成しています。

授業紹介

乳児保育Ⅰ
乳児の保育に必要な理論や知識を習得します。また、今の乳児保育を取り巻くさまざまな問題を事例研究、演習や発表などを通して具体的に学びます。

在学生の声

初等教育学コース

4年次生
だから私は親和!!

決め手になったのは先生との距離の近さ。

オープンキャンパスに参加して、先生と学生との距離の近さを実感。気軽に質問や相談ができるアットホームな環境に惹かれました。

私のおすすめ授業

生徒・進路指導論(初等)

子ども同士のけんかなどを題材にロールプレイを行い、教育現場での問題への対処法を実践的に学びます。

私のめざす進路

オフキャンパスで学び、実践力を身につける。

小学校の先生になる夢をかなえるため、海外研修や自然学校などのオフキャンパスで児童や生徒と直接関わることで実践力を磨いています。

幼児教育学コース

4年次生
だから私は親和!!

笑顔溢れる先輩たちに憧れて。

オープンキャンパスでの先輩たちの生き生きした姿が印象的で、私も親和で保育士をめざしたいと思いました。

私のおすすめ授業

子どもと遊びの研究

子どもたちが実際にやっている遊びを体験。その中で保育者としての声かけや援助の仕方を身につけます。

私のめざす進路

子どもの成長を保護者と見守りたい。

"保護者と一緒に子どもを育てる"この気持ちを大切に子どもと保護者の気持ちに寄り添う保育士をめざします。

保育学コース

4年次生
だから私は親和!!

こころのケアもできる保育者をめざせる。

親和では、子どもと直接触れ合う機会が多く、知識や技術に加えて、こころを理解する力が身につくと感じました。

私のおすすめ授業

子どもの食と栄養

保育者として必要な子どもの発育・発達に応じた食生活や栄養管理についての基本知識を学びます。

私のめざす進路

子どもや保護者の身近な存在に。

さまざまな家庭事情を抱える子どもたちや保護者を、精神面から支えられる保育士になりたいです。