学部学科・大学院

大学院文学研究科 心理臨床学専攻

社会に寄り添い、人に寄り添う"こころのプロ"をめざす。

趣旨

専門的な研究と実習経験を重ね、 必要な知識と実践力を修得。

心理臨床学専攻では、心の発達を支え、心のケアを必要としている人々を支援する専門職業人としての〈臨床心理士〉の養成を目的としています。臨床心理学や心理学分野での専門研究を深めるだけでなく、学内に設けた〈心理・教育相談室〉で実習経験を積むことも可能です。また学外では病院や、児童福祉施設、児童相談所など提携施設で臨床心理士として必要な知識と実践力を身につけることができます。

メッセージ

主任メッセージ

伊東 真里 教授 心理臨床学専攻 専攻主任

心理臨床学専攻 専攻主任
伊東 真里 教授

理論と実践を交え、時代に即した力を育てる。

病院での勤務経験を用いながら、心身症をもつ子どもへのサポートについて教えています。また、心理・教育相談室を使って、実際に悩みを抱えた人と関わる機会も用意しています。ストレスを抱えた子どもは年々増加傾向にあるので、学生には症状に合わせた関わり方を養ってほしいと思っています。

先輩メッセージ

岡村 歩実 さん 修士課程 2年次生 神戸親和女子大学 発達教育学部 心理学科出身

修士課程 2年次生
神戸親和女子大学 発達教育学部 心理学科出身
岡村 歩実 さん

ボランティア活動への参加実績は、大学院でも魅力の1つ。

出身大学ということに加えて、子どもに関する心理を深く学べると感じ、そのまま進学することに決めました。学部と同じくボランティア活動への参加も盛んで、今は病院でのボランティア活動を通して多くのことを学んでいます。さまざまな学びを通して、実践的な知識を養っています。