神戸親和大学

2023年度より神戸親和大学
に大学名を変更予定
教育学部 スポーツ教育学科
※旧:発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科 (2022年4月名称変更)

授業紹介・ゼミ紹介

授業紹介

健康運動実践

健康運動の基本となるストレッチングや筋力を高めるレジスタンスエクササイズについて、その意義や効果、指導方法を修得します。また、ウォーミングアップとクールダウンについての知識も深めていきます。

スポーツ心理学

運動時の精神状態やスポーツが人間形成に与える効果など、競技者・指導者両方の心理的側面を探究します。また、リラクゼーション法を学ぶことで、メンタル面から競技者を支える技術力を身につけます。並行して、障がい者指導に関する知識も習得します。

スポーツマネジメント総論

スポーツ産業や世界のプロスポーツ、総合型地域スポーツクラブなどスポーツマネジメントに関連するテーマの事例を取り上げてスポーツマネジメントの本質に迫る学びを展開します。

ジュニアスポーツ実践

乳幼児期や児童期、青年期など子どもの発達段階に応じた運動あそび・ゲームについて理論と実践を繋げながら学びます。ジュニアスポーツ指導に必要な知識とスキルを身につけます。

ゼミ紹介

スポーツ教育学専門演習(中村ゼミ)

主体的な学びを通して、課題の解決や新しい学びに自ら挑戦できる教員を育てる。

本ゼミでは、学校における教科指導と学校生活での指導(キャリア教育、部活動など)を中心に、教育現場の課題や対処方法について考えを深めています。学生の主体的な学びを大切にしており、学生からの提案でマリンスポーツを体験したことも。さまざまな経験を通して、固定観念にとらわれず何事にも挑戦できる人材を育成します。


Student's Voice

特に力を入れているのが模擬授業です。声の出し方や説明の仕方、教師の立ち位置など、講義では修得しきれない知識や技術を身につけることができます。また、生徒役のゼミ生からの率直な評価は学びをさらに深めるきっかけに。改善点に気付くとともに、さらなる意欲を掻き立ててくれます。

スポーツ教育学専門演習(平尾ゼミ)

感覚に起因する身体能力やスポーツ文化についてさまざまな角度から捉える。

コツやカンなど、数値化しにくい身体能力である「身体知」や、「文化」としてのスポーツの魅力について学んでいます。ディスカッション形式を基本としつつ、時には実技も取り入れ、筋力に頼らない身体の使い方など、身体の知られざる力を体感する機会も設けることで、学生が新鮮な興味を保ち続けられるよう工夫しています。


Student's Voice

現在はゼミ生それぞれが身近に感じた疑問をもちより、ディスカッションを通じて考えを深めています。取り上げるテーマは、リーダーシップやコンビニの無人化など多種多様です。さまざまな意見にふれ、多角的な視点で物事を見つめることで、思ってもいなかった新しい発見があります。

スポーツ教育学専門演習(葦原ゼミ)

こころの観点から運動・スポーツを支え、楽しむ方法を学ぶ。

スポーツ選手のこころの健康に関する支援や、健康増進をめざした運動習慣作りにおける心理的サポートなど運動・スポーツで必要とされるスポーツ心理学が主なテーマです。キッズオープンキャンパスに参加し、テーブルサッカーなど楽しんで体を動かせる企画を考案することも。論理的に思考し、他者に表現できる力を育みます。


Student's Voice

女性の健康的なダイエット方法について身体を動かしながら考えたり、キッズオープンキャンパスで子どもたちと触れ合ったりと、体験を通した学びがこのゼミの魅力です。体験により視野が広がり、地域の人々に貢献する企業に就職したいという目標を明確にすることができました。