教育学部 スポーツ教育学科
※現:発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科 (2022年4月名称変更)

授業紹介・ゼミ紹介

授業紹介

健康運動実践

健康運動の基本となるストレッチングや筋力を高めるレジスタンスエクササイズについて、その意義や効果、指導方法を修得します。また、ウォーミングアップとクールダウンについての知識も深めていきます。

スポーツ心理学

運動時の精神状態やスポーツが人間形成に与える効果など、競技者・指導者両方の心理的側面を探究します。また、リラクゼーション法を学ぶことで、メンタル面から競技者を支える技術力を身につけます。並行して、障がい者指導に関する知識も習得します。

スポーツマネジメント総論

スポーツ産業や世界のプロスポーツ、総合型地域スポーツクラブなどスポーツマネジメントに関連するテーマの事例を取り上げてスポーツマネジメントの本質に迫る学びを展開します。

ジュニアスポーツ実践

乳幼児期や児童期、青年期など子どもの発達段階に応じた運動あそび・ゲームについて理論と実践を繋げながら学びます。ジュニアスポーツ指導に必要な知識とスキルを身につけます。

ゼミ紹介

スポーツ教育学専門演習(宮辻ゼミ)

年齢に応じた運動支援、実践について探求する。

「子どもの運動遊び」「高齢者の健康運動」「障がい者のスポーツ活動」を支援、実践するための方法について理解を深めています。健康・体力若返り講座での高齢者向け運動指導や、地域福祉に関わる運動・スポーツイベントへの参加を通して、ゼミ生同士の団結力も高めています。


Student's Voice

科学的な視点から身体の動き、運動を考えるスポーツバイオメカニクス。その知識を生かして高齢者向けのストレッチ方法を考案しました。実際に中高齢者の方に体験していただき、運動に対する危険性への配慮などを身をもって学ぶことができました。

スポーツ教育学専門演習(伹尾ゼミ)

自ら行動することで新たな考えや価値を生み出す。

幼児期や児童期、青年期の子どもを対象としたスポーツ教室の実施や六甲山でのトレッキングイベントの企画・運営など実践的な学びを重視。活動の振り返りから新たな考えや価値を創造します。どんな困難な課題にも挑戦する資質、課題を解決できる多様な力を身につけた人材の育成をめざしています。


Student's Voice

スポーツ教室や野外活動プログラムなどのイベントを自分たちで企画、実行しています。スキューバダイビングのライセンス取得や幼児向けスポーツ教室の実施など、子どもたちや自然と触れ合う中で人間的な視野の広がりと大きな達成感を得ることができました。

スポーツ教育学専門演習(杉山ゼミ)

こころや身体の変化など多角的に"運動"を考える。

主なテーマは運動学習とスポーツ心理学。スポーツ競技中に生じるこころの変化とパフォーマンスの関係や、練習を通じて上達する課程で起こる身体の変化など"運動"について多角的にアプローチを行います。実験からデータ収集を行う機会も設けており、その中で疑問や課題に真摯に向き合う姿勢、他者と協力して乗り越えていく力を育みます。


Student's Voice

主なテーマは子どもに焦点を当てたスポーツ心理学。メンタルトレーニング方法をはじめ、スランプとは何かということも学んでいます。今後は子どもの「できそう」という自信を引き出すなど、スポーツを始める初期段階での働きかけについて研究を進めたいと思っています。