文学部 総合文化学科

授業紹介・ゼミ紹介

授業紹介

観光ビジネス論A

英語力が必要とされる航空業界について、航務や予約案内、客室や運航、グランドサービスなど、専門性の高い実務を学びます。航空英語や専門用語を用いた臨場感あふれる授業を展開します。

比較文化論

アメリカやイギリスを中心とした西欧の人々と日本人を、思考や行動の面で比較して相違点を理解することが目的です。英語で書かれた教科書を使用するので、英語の読解力も身につきます。

日本語教育の問題点

中上級レベルの日本語教育に必要な知識を習得することが目標です。実際に学生が模擬授業を行い、教育技術を身につけます。また、外国語教育の理論的な発展と、日本語教育の現状についても学びます。

日本文化史

日本文化は有史以来、外国の大きな影響を受けつつ、独自の文化を育んできました。近代以前の伝統文化を中心に、その理解に欠かせない宗教・思想などの基礎知識を学び、根幹となっているものについて考えます。

国際文化概論

身の回りや世界各地で見られる実例を通して、人々が営んできた異文化交流の難しさと大切さを学びます。また、アジア各国から来日中の方をゲストに招き、外国の文化への理解を深めます。

フィールドスタディⅠ

"デザイン思考"を基礎から学び、"創造的イノベーション"に取り組む力の養成をめざします。また、理論だけでなく体験的に問題発見・課題解決に取り組むことで、能動的に思考する力を育てます。

ゼミ紹介

総合文化専門演習(酒井ゼミ)

視点を変えれば新たな発見が言葉の世界への探究心をくすぐる。

日本語を多角的な視点から学ぶことで、言語に対する探究心を高めます。文献の要約を発表し合ったり、お互いの方言を比較したりすることで、普段何気なく使用している言葉が持つ奥深さに気づきました。ゼミで培った言葉の力は、将来どんな職業についても役立つと感じています。

総合文化専門演習(宇野ゼミ)

"英語への苦手意識"をなくす教育方法を見つける。

中高の英語教員免許状の取得をめざしていた私に、先輩が薦めてくださったのが宇野ゼミでした。英語の本の読解や外国の英語教育に関するプレゼンテーションで、単語力や表現力に加えて海外教育についての知識も身につきます。英語が苦手な子どもにさまざまな方法でアプローチができる先生になりたいです。

総合文化専門演習(梶山ゼミ)

報道から現代社会を読み解く力を身につける。

新聞やテレビでの報道を題材として、マスコミや時事問題について考えるゼミです。知人にインタビューを実施して記事を執筆することもあり、元新聞記者であるゼミの先生に添削していただくことで文章力が身につきました。フィールドワークとして、テレビ局や新聞博物館を見学することもあります。