学部学科・大学院

大学院文学研究科 教育学専攻

学びの本質を知る"教育のプロ"をめざす。

趣旨

教育学と心理学の両面から、高度な教育実践力と指導力を修得。

教育学専攻では、教育現場において指導的な役割を担う高度な専門的知識、課題解決能力と実践的指導力の育成をめざしています。教育が直面する困難をどう乗り越えるかを中心に、教育学・心理学の包括的な専門研究を深め、教育に関する広い知見を培います。また、子ども、教師、保護者、学校組織を対象に、さまざまな心理教育的な援助サービスを行う〈学校心理士〉資格への道も設定。教育学と心理学の両面から"こころ"の教育を実践できる人をめざします。

メッセージ

主任メッセージ

戸江 茂博 教授 教育学専攻 専攻主任

教育学専攻 専攻主任
戸江 茂博 教授

総合的な力を備えた教育のプロを育成する。

教育学、教育心理学を中心に総合的なカリキュラムを編成し、多様な教育課題に応える力量を備えた、人間力の豊かな人材の育成をめざしています。修了生の多くが、高度な専門力と豊かな実践力、そして研究力を備えた教育のプロフェッショナルとして教育現場で活躍しています。

先輩メッセージ

脇村 美穂 さん 修士課程 2年次生 神戸親和女子大学 発達教育学部 児童教育学科(通信教育部)出身

修士課程 2年次生
神戸親和女子大学 発達教育学部 児童教育学科(通信教育部)出身
脇村 美穂 さん

学んだ理論と現場経験で幼児教育に貢献したい。

大学卒業後、幼稚園教諭として現場を経験。ニュージーランドやポーランドで保育現場を見て、子どもの行動や感覚に対する疑問が出てきたことが、理論的に保育を学ぶきっかけになりました。今は幼児期の数感覚について研究をしています。卒業後は教員養成や保育などに幅広く研究を生かしたいと思います。