発達教育学部 心理学科

卒業生メッセージ

写真:播州信用金庫 三宮支店 金融

播州信用金庫 三宮支店
(2015年3月卒業)

大学で身につけた知識と経験が
お客様への笑顔につながっている。

地域のお客様の夢を実現させるお手伝いをすることに興味を持ち、信用金庫に就職しました。今は融資業務を担当しています。お客様からの相談を受ける時に大切なのは話しやすい雰囲気作り。相手の立場になって考えられるようになったのは、学んだ心理学の知識と、学内外で多くの人と関われた経験があるからこそ。将来は管理職に就き、働きやすい環境づくりにも取り組みたいです。

学生時代の思い出

先生に薦められ参加したフィールドスタディ。

フィールドスタディでは、企業の方にお話を伺いながら、商品開発に挑戦。試行錯誤を重ねつつ、作り上げる楽しさを感じました。

写真:社会福祉法人 神戸聖隷福祉事業団 神戸市発達障害者中部相談窓口 社会福祉施設

社会福祉法人 立正学園
(2016年3月修了)

さまざまな個性と向き合い、
子どもたちの豊かなこころを育む。

学部で4年間心理学を学ぶうちに、人のこころを支えたいと思うようになり、臨床心理士をめざして大学院に進学しました。研究を進めるにつれて、人格形成に大きく関わる幼少期の教育環境の大切さを改めて感じ、児童福祉施設への就職を決めました。今は、遊びを通してこころをケアするプレイセラピーなど、臨床心理士として心理面から子どもたちのサポートを行っています。親和で発達、認知、精神医学など幅広い分野に触れたことで多様な視点が身につき、さまざまな個性をもつ子どもたちと向き合う際に生かされています。また、ゼミの先生には大学院でもお世話になり、親身にご指導いただきました。子どもたちの成長をそばで見守れることにやりがいを感じる毎日。さらなるステップアップをめざして、現在は公認心理師の資格取得にむけて取り組んでいます。

学生時代の思い出

いつも思い出す、笑顔に溢れたキャンパスライフ。

親和での6年間は、素敵な出会いに溢れていました。友達との何気ない毎日が、今の私に繋がっていることを日々感じています。