発達教育学部 心理学科

プログラム紹介

3つのプログラムは、志望する進路次第で横断的に学ぶことができます。
自分の目的に合わせて、それぞれのカリキュラムで知識を深めてください。

現代女性のための心理学プログラム

プログラムの特徴

  • 心理学というと少し難しくとらえてしまいがちですが、日常的なトピックスを取り上げることも多くあります。化粧や衣服といった女性が特に関心を抱くテーマを心理学的に分析します。
  • プログラムの科目群のテーマは実に多彩。粧い、色彩、音楽、童話、家族、そしてスポーツと、現代の女性と密接に関わるものばかりです。幅広い分野の中から好きなように組み合わせ、自分だけの学びを見つけてください。

子どものこころがわかるプログラム

プログラムの特徴

  • 人間は、生まれた瞬間にどのように育っていくか決まるわけではありません。年齢に加え、個々人の経験が大きく影響します。この両面を理解し、現代の子どもたちが抱える悩みを解決する考え方を学びます。
  • 日々変化する社会の中、幼稚園や小学校の先生にはさまざまな環境で育った子どもたちのこころに対応する力が求められます。通信教育プログラムを併修すれば、子どものこころを理解できる小学校または幼稚園教諭一種免許状を取得することも可能です。

公認心理師・臨床心理士(心の専門家)プログラム

プログラムの特徴

  • 「臨床心理学実習」や「カウンセリング」、「精神医学」などの専門科目が充実。医療や教育などの現場で、人々のこころをケアする力を養うことができます。
  • 本学の大学院(文学研究科心理臨床学専攻)は、日本臨床心理士資格認定協会より「臨床心理士養成第一種指定大学院」に指定されており、修了すれば臨床心理士の受験資格を取得できます。大学院進学、さらにその先の臨床心理士をめざして、4年間で心理学全般の知識・研究に対する深い知識を習得することができます。また、公認心理師の資格取得サポートの対応も検討しています。

※公認心理師の資格取得には、2つの方法が検討されています。1つ目は、学部・大学院において必要な単位を修得したうえで試験に合格する方法、2つ目は、学部で必要な単位を修得し、卒業後、省令で定められた期間の実務経験を積んで試験に合格する方法です。

身につくチカラ

  • こころの問題に対する洞察力
  • 臨床でこころの問題に迫る分析力
  • カウンセリングマインド
  • 子どもを取り巻く問題への理解力

心理学科の学びや魅力がよく分かる動画を紹介しています。

在学生メッセージ

1年次生

実践的な学びに向けて基礎知識を定着させる。

子どものこころを深く学べるカリキュラムが充実していることから親和を選びました。今は「粧いの心理学」など多様な心理学の分野に触れて、基礎知識を身につけています。今後は、施設や保育園でのボランティア活動を通して経験を積み、子どもとそのご家族のケアもできる公認心理師や臨床心理士をめざして学びを深めたいです。

2年次生

体験的な学びで、多くの人を支える公認心理師・臨床心理士に。

幅広く心理学の基礎を学んだ「心理学実験・実習」で特に印象に残っているのは、目の錯覚に関する心理学。身近なものを使って、見え方の違いなどを体験的に学ぶことができました。また、レポートをまとめる時には統計の授業で学んだ図やグラフ作成の知識が役立ちました。将来は多くの方のこころを軽くできる公認心理師や臨床心理士になりたいです。

3年次生

女性が気になるテーマを心理学の視点から分析。

化粧や服装など幅広い観点から、女性特有のこころの動きや考え方について学んでいます。また、ゼミでは働く女性のストレスやメンタルヘルスについて理解を深めていく予定。これらの学びを生かし、将来はウエディングプランナーとなり、女性はもちろん、参加者全員が楽しめる結婚式づくりに携わりたいです。

4年次生

実践で"質問力"を磨き、人に寄り添うこころの専門家に。

3年次にカウンセリングのロールプレイングを行った際、心理専門職には、話を聞くだけでなく、的確な質問を投げかけることが重要であることを実感しました。相談者の方が話しやすい雰囲気を作る"質問力"を磨くとともに、今後は音楽療法などといった言葉以外での心理アプローチの学びも深め、幅広い心理的支援ができる公認心理師と臨床心理士をめざします。