学部学科・大学院

発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科に関するお知らせ

5月22日(水)本学学生が鈴蘭台北町こども園の園児たちと一緒に「運動遊び教室」を行いました!

2019年5月22日(水)、ジュニアスポーツ教育学専門演習Ⅰ(中瀬古教員・伹尾教員)において、鈴蘭台北町こども園の園児22名をお招きし、学生たちが「運動遊び教室」を展開しました。

学生たちが園にお出迎えに行くと、「おはようございます!!」と元気いっぱいの子どもたち。
おねえさんたちに誘導してもらいながら、体育館に着くと、「わぁ~広い!」と遊戯室よりも広い体育館に驚いた様子でした。

いよいよ「運動遊び教室」の始まりです。
おねえさんたちからの自己紹介の後、
跳ぶ、投げる、転がるなどといった運動機能に合わせた種目が数多く用意され、サーキット形式が展開されていました。
子どもたちは、「すぐにでも遊びたい!」と目をキラキラさせていました。
まずは、おねえさんのお手本です。
その後、おねえさんと一緒にペアを組んで、実際にサーキット遊びをしました。
おねえさんの動きをイメージしながら、子どもたちは器用に身体を動かして、それぞれの種目を楽しみました。
最後のお友だちがゴールをすると、みんなで拍手をして喜び合いました。

これからも、このような学科独自のコースの学びを展開していきます。

「的をめがけてボール投げ」
「ハードルを飛んだりくぐったり・・・」
「落ちないようにバランス保って・・・」
「最後はグランドを思いっきりかけっこしました!!」