学部学科・大学院

発達教育学部 児童教育学科に関するお知らせ

親和ピアサポーターが神戸(参加者360名)、加古川(参加者230名)の教員研修を担当しました

本学ピアサポーターが、神戸市、加古川市の教員研修を担当しました。                  

神戸市は、7月26日、9月2日、9月22日、9月29日で実施しました。                

会場は4回とも兵庫県民センターで参加者は各90名で、合計360名が参加しました。

加古川市は8月29日に実施し、会場は加古川市青少年女性センターで230名が参加しました。

内容は、学級づくり・人間関係づくり・いじめ予防・不登校予防ピアサポートプログラムです。参加された先生方からは、「自分の学校でもピアサポートを実施したい」「学生のレベルが高くて驚いた」などの意見を多数頂きました。

ピアサポーターは、2018年度の春学期(前期)は、兵庫・神戸・京都・広島・岡山など15回の教員研修を担当しました。秋学期(後期)は教員研修の他に、神戸市内の小中学校を対象に月1回のピアサポートを実施しています。1回目は神戸市立布引中学校です。

ピアサポーターからは、「各学校の先生方と一緒にプログラムを検討できるので、やりがいがあります」との声がありました。

2年生も参加しています
先生方も真剣です
みんなで大笑い
命の教育プログラム