図書館・施設

発注について(教員)

学科予算内での発注

  • 学科全体の長期的な蔵書構成を考慮して収書計画をお考えください。
  • 講義に関連した教員用・学生用図書を、お早目に、レポート提出時期や受講学生数にもご配慮の上、選定してください。
  • 個人的専門的な資料は、個人研究費でご購入ください。
  • 図書館になじまないと思われる教材等は、教務担当その他でご相談ください。
  • 文庫本・新書本は蔵書としての管理維持に無理な点がありますので、なるべくお控えください。
  • 学科予算で購入していただきたいおすすめ資料は、図書館からその旨連絡致します。

年度末調整について

図書資料購入費は、単年度決算のため、毎年、年度末の調整が必要です。そこで2月・3月を調整月として、2月以降につきましては、その裁量を図書館に一任してくださることを、ご承認いただいております。

発注方法

図書購入希望票による発注

「図書購入希望票」で合研職員(共通教育は教務担当扱い)を経てお申込ください。

メールによる発注

下記宛に発注図書の情報(書名・著者名・出版社・ISBN)をテキストファイルで送信ください。
E-mail:

発注後のご連絡

  • 発注後、絶版・品切れ等書店からの連絡及び、すでに発注・購入・整理のいずれかが済んでいる資料につきましては、理由を記入して用紙を合研にお返しします。
  • 発注された資料は、月毎に合研にお渡しする「購入リスト」で受入(購入)をご確認ください。