学部学科・大学院

発達教育学部 心理学科

みんなが悩める時代に、
心理学。

心理学科
からの
お知らせ

一覧へ

公認心理師(国家資格)に対応したカリキュラムが始まりました。

写真:学科長

本学では、2018年度より公認心理師のカリキュラムがスタートします。
公認心理師とは、医療、福祉、教育、司法、産業といった幅広い分野で、心理学の知識・技術を持って、心身に問題を抱える人々の支援を目指す資格です。そして、心理学関連で初の国家資格になります。

国家資格の誕生など、心理学への社会的な期待が高まっています。
本学では、これまで臨床心理士第一種指定校として、多くの臨床心理士を輩出してきた心理専門職の養成機関としての実績があります。

心理学科の臨床心理(心の専門家)プログラムや大学院の心理臨床学専攻での教育を中心に、公認心理師や臨床心理士といった心理専門職の資格取得をサポートしていきます。

①充実したカリキュラムで学びをサポート

大学と大学院で公認心理師のための
カリキュラムを学ぶ

大学:心理学科
臨床心理(心の専門家)プログラム」を軸に基礎知識から心理療法まで幅広く学ぶ

臨床心理学概論、健康・医療心理学、精神疾患とその治療、司法・犯罪心理学、心理学的支援法、心理的アセスメントなど

大学院:心理臨床学専攻
専門的な知識を深めながら、学内・学外で実践経験を積む

大学内の施設をはじめ、病院、児童福祉施設、児童相談所など提携施設において、将来必要な実戦経験を積める

②少人数制、経験豊富な教員が学びをサポート

経験豊富な教員が学びをサポート
  • 本学は臨床心理士第一種指定校として、多くの臨床心理士を輩出。
  • 心理専門職の養成機関としての実績があります。
大学院進学のサポート
  • 大学院進学のための特別セミナーを実施し、学びをサポート
  • 2年次より心理の専門英語を学び、院入試に必要な英語力の向上
一人ひとりの特徴に合わせたサポート
  • 大規模校にはない、少人数校ならではのきめの細かいサポート。
  • 教員と学生との距離が近く、学生一人ひとりの特徴を把握し支援。
心理専門職の働き方を学ぶ
院生、卒業生と交流し、大学院での学びや心理専門職としての学びや働き方を理解する

③臨床心理士と公認心理師の両方の資格を取得

本学では、大学院にてこれまで通り臨床心理士のカリキュラムも整えています(臨床心理士第一種指定校)
公認心理師と臨床心理士の両方の資格を取得することも可能

心理学に興味があるなら、両方の資格取得を
めざしてはどうでしょうか!

※心理学科の「免許・資格と卒業後の進路」のページもご参照ください

1. 心理学科で学べること

心理学科の多様な学び

公認心理師、臨床心理士だけじゃない基本的な心理学から、ちょっと変わった心理学まで学べます

 

2. 心理学科の3つのプログラム -進路をはっきり決めるか、いろいろ学んでみるか-

心理学科の3つのプログラム

進路を決めて重点的に学ぶか、興味の向くままいろいろ学ぶか

3. 心理学女子、育てます

神戸親和女子大学の心理学科は定員60人のこじんまりしたアットホームな学科です。大きな大学ではできない、学生一人一人を理解したうえでの指導を行っています。皆さんの将来の夢の実現に向けて、教職員が全力でサポートします。

学科長メッセージ

写真:学科長

心理学では、臨床心理士や公認心理師といった心理専門職をめざすプログラムをはじめ、子どもたちへの心理ケアや女性目線での心理学など幅広い内容を学べるカリキュラムを用意しています。人のいるところには必ず心理の学びが貢献できる問題があります。本学心理学科で幅広い心理を学び、自分のキャリアに生かしましょう。

辻川 典文准教授

発達教育学部
心理学科 学科長

学びのポイント

  1. 多種多様な教員の専門領域が魅力です。
    心理学の分野は多種多様。本学ではさまざまな心理学を専門とする教員が在籍し、めざす進路や興味に合わせた学びを可能にします。
  2. 少人数教育で、専門性をさらに高めます。
    定員60名に対し、専任教員は9名。学生と教員の関わりも深く、自身の興味・関心を尊重したゼミ選択が可能です。
  3. 大学院進学や本学通信教育プログラム併修で、可能性がさらに広がります。
    大学院進学により心理専門職(臨床心理士や公認心理師※1など)、本学通信教育プログラム併修により小学校や幼稚園教諭をめざすことも可能です。
  4. 公認心理師※1をめざすカリキュラムがはじまります。
    心理学における初の国家資格である「公認心理師※1」のカリキュラムを開始。医療や福祉、教育など幅広い分野で活躍する人材を育成します。

※1 公認心理師の資格取得には2つの方法があります。1つ目は、学部・大学院において必要な単位を修得したうえで試験に合格する方法、2つ目は、学部で必要な単位を履修し、卒業後、省令で定められた期間の実務経験を積んで試験に合格する方法です。臨床心理士および公認心理師の詳細はこちらをご覧ください。

  • 資料請求
  • 資料請求