神戸親和大学

2023年度より神戸親和大学
に大学名を変更予定
学生生活

お知らせ

『ICDL Asia Digital Challenge 2021』の銀賞受賞の贈呈式を開催

 『ICDL Asia Digital Challenge 2021』は、ICDL Asiaが主催している大会で、アジア・環太平洋諸国からの参加者のITリテラシーを測定し、その結果の良かった人が勝ち上がっていくという方式で競技が行われました。

 この大会に参加した文学部総合文化学科(2021年度から国際文化学科に変更)4年次生の西詰小夏さんが、第1、第2段階の予選を突破し2021年9月にオンラインで行われた決勝戦(従来は海外の開催都市に招待され、現地で行なわれてきた)に進出し、部門7位内に入り、見事「Silver Award」に輝きました。

 この結果を受け、2021年12月10日(金)に大学キャンパス内で『ICDL Asia Digital Challenge 2021』の「Silver Award」受賞の贈呈式が行われ、大会を主催するICDL Asiaから鈴木智久氏が来学され、受賞した西詰さんに銀賞のトロフィーと記念品を授与されました。

 ICDL Asiaの鈴木氏からは、「今回、二次予選からはすべてが英語で進められる環境の中で、初参加の日本から西詰さんが「Silver Award」を受賞されたことはすばらしい。ICDLの資格は世界で通用するものであり、今後もぜひ活用してください。また、ぜひ来年度以降も親和の学生にチャレンジしてほしい。」とのお祝いの言葉と惜しくも入賞を逃した4人の本学の学生達に激励がありました。

銀賞のトロフィーの贈呈の様子(左:西詰さん 右:ICDL Asia 鈴木氏)
ICDL Asia鈴木氏、三井学長、『ICDL Asia Digital Challenge 2021』に参加した学生の集合写真
左からICDL Asia鈴木氏、酒井教員、西詰さん、三井学長