ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学
みんなとがんばれる通信教育

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学 みんなとがんばれる通信教育

“学び”の道のり

実 習

取得希望の教員免許状・資格に応じた実習の受講が必要です。
「なにをどうする?」がイメージできるリアルな体験談を紹介します。

実習の主な流れ

STEP.01STEP.01

履修登録

実習受講への第一歩。入学時に履修登録用紙で科目を登録。

 

STEP.02STEP.02

申請・手続き

書類の提出や手続きなどが必要です。不備がないよう確認を。

 

STEP.03STEP.03

実習受講資格判定

実習実施予定前学年末に次学年での実習受講資格を判定。要件が満たせない場合、実習の受講ができません。

 

STEP.04STEP.04

事前指導スクーリング受講

実習の心得や実習記録の書き方等を学びます。

 

STEP.05STEP.05

実習開始

いよいよ実習の開始です。肉体的にも精神的にも負担がかかるので体調管理はしっかりと。

 

STEP.06STEP.06

実習記録提出・事後指導

実習で学んだことを自分のものにするために必要なプロセスです。

小学校教育実習

小学校で4週間の実習

私の実習体験記image

image

I. Kさん

児童教育学科 正科生
1年次入学 初等教育学コース
(4年次生・2016年10月末現在)

やりがいは、子どもの変化、輝く笑顔。

初回の授業は緊張しましたが、回を重ねるうちに子どもたちが「ハイ、ハイ!」と元気に手を挙げるようになって、その笑顔にやりがいを感じることができました。最初はぶっきらぼうな態度だった子が、最後には泣いて別れを惜しんでくれました。実習は、現時点で「私の人生史上最高の経験」です。

マイメモリー
実習前 

事前に名簿を暗記しておいたので、すぐに子どもたちの顔と名前を一致させることができました。みんな「なんでー?」と驚いてくれました!

実習中 

健康管理、前向きな姿勢、笑顔の大切さを実感。特に朝の挨拶、声かけは、その日の子どもたちのコンディションを知るためにも、重要なことです。

実習後

子どもたちに接する際には、時と場合によって、声、視線、表情などに変化をつけることを学びました。自分を客観的に捉える視点も養うことができました。

科目担当教員からの
アドバイス
 image

「教育実習を教員採用試験につなぐ」がテーマです。教師としての資質・能力を確かめる貴重な場であると同時に、「教師になりたい」から「絶対、教師になる!」という覚悟を決める機会です。明るく元気に、爽やかに。子どもたちが、あなたを待ってくれています。

幼稚園教育実習

幼稚園で4週間の実習

私の実習体験記image

image

I. Hさん

児童教育学科 正科生
1年次入学 保育学コース(副免履修)
(4年次生・2016年10月末現在)

子どもが好き。その思いを改めて確信。

毎日、実習記録の作成に苦労しましたが、書くことで一日を振り返り、指導内容をより深く理解できたと思います。実習では、子どもたちがスッと寄り添ってくれたり、私が作った工作物で遊んでくれたりと、嬉しいことがいっぱい。「子どもは人として尊敬すべき存在」であると再認識しました。

マイメモリー
実習前 

スクーリングで実習記録の書き方などを教わり、自主的に実習先の情報を収集。「なによりも子どもを大切に考える」園の方針を知り、実習への意欲が湧きました。

実習中 

実習園の先生方と相談しながら、部分実習の内容を検討。最初は「邪魔にならないように」気を配り、徐々に「自分にできること」を見つけていく、手探りの毎日でした。

実習後

必要性を感じてピアノのレッスンを開始。子ども関連の書籍を読む機会も増えました。そして「子どもに関わる仕事が好き」であることを再確認しました。

科目担当教員からの
アドバイス
 image

日々成長し、活動的な幼児と向き合うには何よりも体力が必要です。教師自身も「早寝・早起き」を心がけ、4週間という長丁場を意欲的な姿勢で実習に取り組んでください。

保育実習

保育所で160時間以上かつ20日間以上・施設で80時間以上かつ10日間以上の実習

私の実習体験記image

image

T. Aさん

児童教育学科 正科生
1年次入学 保育学コース
(3年次生・2016年10月末現在)

私も子どもも。体験を重ねて成長する。

初めて「せんせい」と呼ばれて責任の重さを痛感。子どもたちと生きたカエルを観察した時、実習先の先生が、カエルを手にのせたり跳ぶ姿を子どもたちに見せたりすることから、本物に触れ実体験することの大切さを学びました。実習記録を書くのに手間取り、寝不足になりましたが、現場では自然に笑顔になれました。

マイメモリー
実習前 

部分実習に備えて、実際に子どもたちに接してみてから最適なものを選べるよう、手遊びや読み聞かせる絵本の組み合わせパターンをいくつか用意。

実習中 

指導いただいた先生は、いつも元気がよくて、子どもを盛り上げるのが上手で、むやみに叱らない方。私にとっての「理想の保育者」に出会うことができました。

実習後

限られた時間の中で、積極的に丁寧に、笑顔を絶やさずに取り組むことの大切さを学びました。実習を通して、以前より少しタフになれたと思います。

科目担当教員からの
アドバイス
 image

実習では、子どもたちと長時間一緒に過ごします。子どもの毎日の生活をサポートするということはどういうことなのか、子どもと職員と生活を共にしながら学び、自分の保育観への考察も深めましょう。

相談援助実習

福祉施設で180時間以上かつ 23日間以上の実習

私の実習体験記image

image

Y. Hさん

福祉臨床学科 正科生
3年次編入学
(2016年9月卒業)

人と出会い、自分と向き合う貴重な経験。

実習先は障害者支援施設。支援計画を立てるためには、面談だけでなく、利用者の方との日々の関わりが重要であることや、自分にハンディキャップに対する思い込みがあることなど、多くのことを学びました。そんな中、利用者の方に喜んでいただいた瞬間や、施設の実習指導者の温かい対応がとても嬉しかったです。

マイメモリー
実習前 

事前に、施設の概要・情報、施設の根拠となる法律などについて調べましたが、いざ実習が始まってから、「もっと深く調べておけば良かった」と反省。

実習中 

最初は不安ばかりでしたが、実習中の帰校日指導の際に先生や同じく実習中の仲間と話し合うことで気が楽になり、楽しんで実習に取り組めるようになりました。

実習後

利用者の方とのコミュニケーションの取り方や、いかに積極的に自主的に支援できるかなど、多くの課題を前にして、「自分と向き合う」ことができました。

科目担当教員からの
アドバイス
 image

実習は、社会福祉士に必須の資質・技能・課題把握など、総合的な対応力を学ぶ場です。常に自分自身と向き合い、真摯に積極的に学ぶ姿勢が必要です。

 

image

満60歳以上の方へ入学時学費の一部を免除します

満60歳以上の方へ、入学時学費の一部を免除します

 

image image

履修証明プログラム社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

「履修証明プログラム」社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

 

image

特例制度(科目等履修)
が利用できます
幼稚園教諭免許・
保育士資格

特例制度(科目等履修)が利用できます

 

image

入学要項
願書請求
資料請求は
このバナーを
クリック

入学要項願書請求

 

image

入学説明会案内詳しくは
このバナーを
クリック

入学説明会案内

 

デジタルパンフレット image image image image

 

より便利で快適な学生生活を
サポートする学生専用サイト
親和 de ネット こちらからログインしてください。

親和 de ネット

【注意】「親和deネット」は、スマホ・タブレット・携帯電話での動作保証はしておりません。

 

証明書発行 証明書発行

神戸親和女子大学
通信教育部 児童教育学科 福祉臨床学科

神戸親和女子大学 通信教育部 児童教育学科 福祉臨床学科

 


通信教育部TOP

Q&A

コラム「新話旧題」

Menu

Loading