ひとに学び ひとに生かす 神戸親和大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

2023年度より神戸親和大学
に大学名を変更予定

通信教育部 児童教育学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科 男女共学
みんなとがんばれる通信教育

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

通信教育部 児童教育学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科 男女共学 みんなとがんばれる通信教育

Shinwaの強み

通信教育部長あいさつ

探求と探究

通信教育部長 武富 博文 通信教育部長 武富 博文 通信教育部長 武富 博文

新たなスタートを切った新生「神戸親和大学」の通信教育部に関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。
通信教育部では、教員免許状や保育士資格の取得等に取り組まれる多くの学生の皆様の確かな学びをサポートしております。また、本学の卒業生の多くは、保育所や幼稚園、小学校、特別支援学校等で活躍をされ、地域の皆様からも信頼をしていただくとともに、後輩となる皆様への大きな期待も寄せられています。
さて、教育や保育の現場では、最近、大人も子どもも「たんきゅう」することの大切さを唱える方々に出会います。例えば、高等学校の中では、教育課程の中に位置付く状況となっています。「たんきゅう」には、同じ発音でも 「探求 (Quest)」という文字や「探究 (Inquiry)」という文字があてられますが、教育や保育の世界においてどちらを用いるべきかに関しては、もちろん、その文脈によって異なって参ります。
しかし、探し求める「探求」も、探し究める「探究」も、どちらも人生を豊かにする上で、或いは確かなものにしていく上で、必要不可欠であることは言うまでもありません。目的やねらいを定めて、あるものを得るために活動する「探求」も、問いや課題を立てて物事を明らかにしようと行動する「探究」も、これからの不確かな社会を乗り切っていく人間のキャリア形成にとって、ますます重要性を帯びてくると考えられます。
通信教育部では、テキスト履修やスクーリング履修による学びを教育・保育現場での実践と結びつけ、理論と実践を往還する中で、2つの「たんきゅう」を結びつけ、より深い知識や技能を身に付けることをめざします。
本学教職員一同、きめ細やかなサポートと指導体制を充実させて、皆様の入学を心待ちにしています。どうぞ大きな期待とともに通信教育の扉を叩いてください。

 

image

満60歳以上の方へ入学時学費の一部を免除します

満60歳以上の方へ、入学時学費の一部を免除します

 

image image

履修証明プログラム社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

「履修証明プログラム」社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

 

image

特例制度(科目等履修)
が利用できます
幼稚園教諭免許・
保育士資格

特例制度(科目等履修)が利用できます

 

image

=資料請求する=「入学案内・入学要項」
を請求する

入学要項願書請求

 

image

入学説明会案内詳しくは
このバナーを
クリック

入学説明会案内

 

デジタルパンフレット image image image image

 

より便利で快適な学生生活を
サポートする学生専用サイト
親和 de ネット こちらからログインしてください。

親和 de ネット

【注意】「親和deネット」は、スマホ・タブレット・携帯電話での動作保証はしておりません。

 

証明書発行 証明書発行

神戸親和大学
通信教育部 児童教育学科

神戸親和大学 通信教育部 児童教育学科

 


通信教育部TOP

Q&A

コラム「新話旧題」

Menu

Loading