ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学
みんなとがんばれる通信教育

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学 みんなとがんばれる通信教育

入学希望の方へ

2017年3月卒業生・修了生/
学習に関するアンケート集計結果(抜粋)

2017年3月卒業生(正科生)・修了生(課程正科生)を対象に「通信教育部 学習に関するアンケート」を実施しました。 <対象者数71名、回答者数57名、回答率80.3%>

大切なのは、自分のライフスタイルに合った学習スタイルをつくりあげていくことです。

あなたの学習のペースは?

  • 週2~3日 26%
  • 週3~4日 25%
  • ほぼ毎日 23%
  • 休日にまとめて 21%
  • 週1~2日 5%
image

あなたの1日の平均学習時間は?

(ア)普段の平日
  • 2時間以内 67%
  • 2時間~3時間 14%
  • 3時間以上 11%
  • 平日には学習しなかった 8%
image
(イ)普段の休日
  • 4時間以上 28%
  • 3時間~4時間 28%
  • 2時間~3時間 23%
  • 2時間以内 16%
  • 休日には学習しなかった 5%
image
(ウ)科目修了試験前の平日
  • 2時間以内 52%
  • 2時間~3時間 21%
  • 平日には学習しなかった 12%
  • 4時間~5時間 7%
  • 3時間~4時間 4%
  • 5時間以上 4%
image
(エ)科目修了試験前の休日
  • 3時間~4時間 23%
  • 2時間~3時間 23%
  • 2時間以内 23%
  • 5時間以上 18%
  • 4時間~5時間 12%
  • 休日には学習しなかった 1%
image

1度に提出したレポートの課題数は?

(ア)最も多い時で
  • 2~4課題 37%
  • 5~6課題 21%
  • 7~8課題 21%
  • 9~10課題 16%
  • 11~13課題 5%
image
(イ)平均して
  • 3~4課題 51%
  • 1~2課題 40%
  • 5~6課題 9%
image

科目修了試験の受験科目数・受験日数は?

(ア)1日程での受験科目数は?
  • 2科目 64%
  • 3科目 25%
  • 1科目 11%
image
(イ)1年間の受験日数は?
  • 10~11日 27%
  • 8~9日 25%
  • 6~7日 25%
  • 4~5日 12%
  • 12日 11%
image

レポート1課題作成に要したテキスト学習からレポート完成までの
おおよその所要日数は?

  • 5日以内 49%
  • 10日~2週間程度 22%
  • 1週間程度 20%
  • 1か月程度 9%
image

家族や職場からの理解・配慮は?

(ア)家族からの理解・配慮は?
  • 有った 78%
  • 多少有った 20%
  • 無かった 2%
image
(イ)職場からの理解・配慮は?
  • 有った 60%
  • 多少有った 29%
  • 無かった 11%
image

本学通信教育で学んで満足できましたか?

  • ほぼ満足 44%
  • 非常に満足 39%
  • ふつう 16%
  • やや不満 1%
image

卒業生・修了生からのメッセージ

4年間ありがとうございました。親和の通信は本当にアットホーム。頑張った分だけ応えてくださいました。悔いのない大学生活を送れたのは親和だからだと思いました。

児童教育学科/20代/女性

社会人だからこそ、素直に「学ぼう」という姿勢が大切だと思います。

福祉臨床学科/30代/女性

辛い日がたくさんあると思いますが、全て終了した後に思い返したらどれもが良い思い出になっています。頑張ってくださいね。

児童教育学科/40代/女性

通信教育での学習はとても大変ですが、しっかり計画をたてて進めていけばできないことはないです。仕事や家庭との両立に勉強が加わると行き詰まることがあるので、周囲の方の協力も不可欠です。焦らず1つずつクリアしていってください。

福祉臨床学科/30代/女性

6年という長い時間がかかってしまい、恥ずかしい思いでいっぱいです。しかし、それ以上に自分の夢を叶えることができる嬉しさを感じています。人と比べず、自分の思いにひたむきになることも大切だと思いました。大変お世話になりました。ありがとうございました。

児童教育学科/20代/女性

繰り返し学習する事の大切さを学びました。学習計画を学年初めに立ててそれに沿った効率の良い学習方法を実践することが大事だと思いました。

福祉臨床学科/50代/女性

毎日の学習において、背中を押してくれる人がいない強制力のない中で学びを続けることは難しい。だから気分が乗らない時でも「とりあえずテキストをひらいてみる」と、その流れで気分が学習の方へ傾きました。「明日しよう」より「とりあえずテキストをひらく」という気持ちが継続的な学習につながると思います。

児童教育学科/40代/女性

仕事、家庭、勉強と時間の足りなさに加え自分の学力にも悩みましたが、知り合えた人たちの支えにより卒業までこぎつけることができました。あきらめなくてよかったと思っています。

福祉臨床学科/50代/女性

『卒業』は遠いところにあるゴールと思っていたが、着実に学びを進めることで確実に辿り着くものであることを実感した。学ぶことで得たものは多く、学んでよかったと心から思う。ご指導いただいた先生方に、協力してくれた家族に感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございました。

児童教育学科/50代/女性

自分から学びたいと思う気持ちをもって進めていけば必ずよい結果に繋がることがうれしかった。学習計画をしっかり立てて進めることは大切だが、時には休息も必要。仲間との支え合いが一番大切であると感じた。

福祉臨床学科/50代/女性

通信教育は自分自身との戦いだと思います。仕事、家事などで疲れているのは分かりますが、それを理由にしていては駄目です。忙しいのはみんな同じなので自分に厳しく勉学に励んでください。

児童教育学科/30代/男性

勉強と仕事の両立をされている方がほとんどだと思います。しんどくて、途中で投げ捨ててしまいたいと思うこともありましたが、無事に教員免許に必要な単位を修得でき、4月から現場で働くことも決まりました。最後まであきらめずに頑張ってきて、本当によかったと思っています。自分のペースで学習を続けたらいいかと思います。しんどい分、達成感は大きいです。通信教育部で学ぶにあたり、仲間の存在は本当に大きいです。相談したり、励まし合ったりして頑張って下さい!

児童教育学科/20代/女性

2年間は、ほんとうにあっという間に過ぎてしまいました。通信教育で学ぶということは、自学自習だけではなく、先生や仲間と共に学ぶことができ、充実した日々を送ることができました。在学生の皆さんも、充実した学生生活を送れるよう頑張ってください。

福祉臨床学科/50代/女性

仕事と両立しながらの学習は、想像以上に大変でした。「やっと今月の課題が終わった~!」とホッとするのもつかの間・・・すぐ(本当にすぐ!)、次月提出のレポート課題作成をしなければいけない、とか、数日後に修了試験がある、とか、どんどん、心身ともに追い込まれていきました(苦笑) でも通信教育をやっとの思いで乗り越えられた時、大きな達成感と、がんばれたことへの自信が沸き上がってきます!!また、教員採用試験での小論文は、レポート課題で培った文章構成能力が大いに発揮できます。知らぬ間に、そんな力も身についていました。あきらめず、一歩一歩、根気づよく取り組んでください!いつか花が咲きます!!

児童教育学科/20代/女性

とても充実したあっというまの2年間でした。今後も福祉についての学びを続けていこうと思います。多くの出会った方々への感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

福祉臨床学科/50代/女性

社会人になってからの勉強は本当に大変です。自分に合った勉強法をしっかり考え計画的に学習をすすめることが大切だと思います。心が折れそうになることもあると思いますが、そんな時は友だちと連絡を取りながら、励まし合って頑張ってほしいと思います!夢実現のため、自分らしく頑張ってください!

児童教育学科/20代/女性

3年間、大変お世話になりました。ありがとうございます。通信教育でも、しっかり勉強することができました。テキストをしっかり読み、レポートを作成、そしてテスト前にテキストを復習することで、どんどん身に付けることができたと思います。また、スクーリングでは、実際の現場の話が聞けたり、同じ志を持つ仲間に出会えたり、とてもよい機会になりました。本当に、楽しく勉強することができました。

児童教育学科/20代/女性

あっという間の2年間でした。先生、事務室の皆様、本当にありがとうございました。親和が大好きです。卒業後も学べる講座などがあれば、続けて受講したいです。

福祉臨床学科/50代/女性

フルの仕事や家事との両立はしんどいと思っていたし周りからも心配されたが、いざやってみての感想は、「思ったより楽勝」でした!しかしそれは、何にも努力せずの楽勝ではではなく、しっかりとした志をもっていれば、楽勝ということです。案ずるより産むが易しです。頑張って下さい。

福祉臨床学科/50代/女性

レポートの提出と科目修了試験に追われ、卒業を思うと気が遠くなることが何回もあったが、何とか無事に卒業することができ、久々の勉強に対する達成感と充実感を味わうことができ嬉しく思う。在学生の方には、あきらめずに地道に学ぶことを継続してもらいたいと心から願う。

福祉臨床学科/40代/女性

スクーリングで友達をつくり、協力し合うことで乗り切ることができました。皆さんに感謝しています。また、現場でお仕事をする上でも、仲間と助け合う経験は生かされると思います。応援しています。

児童教育学科/40代/女性

レポート提出、科目修了試験では毎回緊張が続きましたが、学習できる環境に現在いることを、常に幸せであると思ってきました。スクーリングでは、日頃お会いできない先生方や、一緒に学ぶ人たちとの出会いを楽しんできました。また提出書類等に不備があっても、いつも気持ちよく対応して下さった事務室の方には心から感謝しています。

福祉臨床学科/60代/女性

楽しかった通信生活。感謝しかありません。

福祉臨床学科/40代/女性

何度もくじけそうになりましたが、頑張って良かったです。在学中に10年ぶりに出産をしましたが、保育の勉強をしたことが、子育てにおいても役立っており、自信をもって子育てが出来るようになってきました。

児童教育学科/30代/女性

家庭と仕事をもったうえでの学業は大変な部分もありましたが、無事に卒業を迎えることができて、とても嬉しく思っています。卒業を目標において毎日少しずつ積み重ねた学びに充実感を持つことができました。お世話になった方々に感謝の気持ちを忘れずに、本学通信教育で学んだことを今後の人生に役立てたいと考えています。

児童教育学科/50代/女性

仕事・家事・学習と毎日忙しい日々でしたが、あっという間に学生生活が過ぎてしまいました。まだ、基礎が終わっただけで、これからも引き続き自身で習得していかねばならないことが沢山あると思います。身を引き締め頑張ってゆきたいです。

福祉臨床学科/50代/女性

仕事との調整がうまくいったことと、家族の理解があったことが、勉強を続ける上でカギになったと思います。根性論で乗り切れるほど甘くはないので、勉強に取り組める環境をきちんと整えることが、大切だと思います。

福祉臨床学科/20代/男性

神戸親和の通信教育は孤独な自主学習ではなく、スクーリングを通じて学び合える仲間ができ、心の支えになった。学ぼうとする志と努力があれば年齢に関係なく「本物の実力」につながることを、この2年間で実感している。「この大学で学べて良かった」と喜びと誇りをもてたことに感謝している。ありがとうございました。

福祉臨床学科/60代/女性

先生方、事務室の方々、5年間大変お世話になりました。神戸親和女子大学通信教育部で学んだことを誇りに思います。それは、通信教育でも採用試験合格への力を身に付け自信を持てたからです。本当にありがとうございました!!

児童教育学科/20代/女性

卒業は、自分への自信となり、明るい扉が開けました。そして、努力の後には、必ずゴールは来ます。

福祉臨床学科/40代/女性

全国各地に友達ができたと思えるのが、勉強を進めていく上で強い励みになった。スクーリングではグループ活動や発表も多く、様々な人の意見や見方を知ることができて収穫の多い学びとなった。九州からの科目修了試験受験やスクーリング受講の際には費用がかかって大変だが、その分神戸の街を観光する機会にもなるので、楽しみながら取り組んでほしいと思う。

児童教育学科/20代/男性

卒業までの時間が長かった分、卒業できる歓び、苦労したこと沢山様々なことが思い出されます。年齢は関係ない!やる気と希望を持って諦めずにいれば必ず努力は報われます。先生方、事務局の方々にはお世話になりました。有難うございました。

福祉臨床学科/40代/女性

通信で学ぶという事は、いかに自分で計画性を持ち、目的を忘れず勉強する事が、大切だと実感しました。また、スクーリングは、先生方や、同じ通信生と会えるチャンスなので、そこで私は色んな方の話を聞き、モチベーションを上げたり、マネしたい事を沢山吸収しました。4年で卒業できたらそれがベストですが、一番大切なのは、あきらめない事。卒業までがんばって下さい!!

児童教育学科/20代/女性

通信教育部での学習を無事終えることができたのは、大きな努力と意志の元にあり、自分の自信になっています。なので今後も新たなことにチャレンジしていけることができるようになりました。

福祉臨床学科/30代/女性

卒業までの道のりはつらいことの方が多いです。でもやりきった後には必ず達成感と充実感があります。自分への自信になります。がんばって下さい。

児童教育学科/20代/女性

必ず2年で卒業すると決め、レポート課題の提出など自分で予定をたて、学習をすすめました。勉強との両立は大変ですが、これからの高齢社会にむけて自分なりに考え、活躍できる場を切りひらくための一歩として神戸親和で学べた事は本当に大きかったです。実践の場でも身につけた専門知識を正しくいかしていこうと思います。

福祉臨床学科/30代/女性

働きながらの学習は、想像以上に大変で、何度も心が折れそうになりました。そんな時、心を支えてくれたのは、同じ目標を持ったスクーリングで出会った仲間でした。40歳なかばにして、大学卒業、資格を取った自分を想像もしていませんでしたが、明確な目標を持ち、最後まであきらめないという強い意志を保つことが大切だと思いました。「なりたい自分」をイメージすることで必ず目標は達成されます。

児童教育学科/40代/女性

入学当時は、気が遠くなりそうでしたが、一つ一つ単位を修得するごとにたのしみや向上心も増していったと思います。孤独との戦いでしたが、たくさんの友人に恵まれ頑張れました。ありがとうございました。

児童教育学科/40代/女性

学習意欲を保つことと、一緒に目標を持っている人と一緒に進んでいけば、何とか達成できると思います。

福祉臨床学科/40代/女性

以前、別の通信教育大学で教員免許取得をめざしたことがありましたが、友人もできず、内容もよく理解できず、ただ日が流れるだけで、結局途中で断念してしまいました。今回は、とても志の高い友人に出会い、支え合うなかで目標を達成できて、やはり仲間は大切だと改めて気付いた2年間でした。泣きながら勉強・育児・家事・仕事を両立しましたが、絶対に諦めずに頑張ったことは一生の思い出となりました。

児童教育学科/30代/女性

最後までやり抜く強い意志を持って臨んでください。計画を立てて確実に学習を進めていく事が大切です。苦しく険しい道のりでしたが、これまでの学びとここで出会うことのできた方々は、私にとって宝物になりました。ありがとうございました。

児童教育学科/30代/女性

私は、この大学で学びを得ることで夢を実現できそうです。現在、重症障害児・者及び家族が安心して身近な地域で生活できるシステム作りに取り組んでいます。大学で得た学びは、大切に保管せずみんなで共有し、誰もが幸せに安心してくらせる日本にしていきましょう。

福祉臨床学科/40代/女性

色々な環境で学ぼうとする人たちとの出会いは自分の糧になりました。ありがとうございました。

児童教育学科/30代/女性

先生になるなら親和!加えて、通信なら親和!と自信を持って言えます。ステキな仲間と出会えて、貴重な学生生活でした。一つアドバイスするなら…スクーリングは“仲間作り”の場であって、“友だち作り”の場ではないかも…知れません。

児童教育学科/30代/女性

通信教育を卒業できたという、自分も目標を持てばやりきれたことを誇りに思う。みなさんもあきらめず頑張ってください。

福祉臨床学科/30代/女性

勉強している時はしんどいですが、人生はいつも勉強!向上心を持ってチャレンジするのがよいと思いました。

福祉臨床学科/40代/女性

仕事をしている時は、なかなか学習が進まなかったが、なんとかスクーリング、実習、試験と地道に進んでいくことができた。気がつけば6年も立ってしまい計画の大切さと実行するモチベーションを高めることが大事だとつくづく感じました。

児童教育学科/30代/女性

予定の年数で卒業することは、できなかったけれど、遠まわりになったことで、より多くの学びができたと思います。

福祉臨床学科/50代/女性

入学してよかったです。通信教育という窓口を開いてくださり、学べる機会を与えていただきありがとうございました。

福祉臨床学科/40代/女性

卒業できたのは、大学の先生方、事務の皆様のお力添えがあったからだと感じています。また、職場の理解、家族の協力で成り立ったものと思っています。様々な職種、人生を歩んで来られた方と出会い、あらためて「福祉とは何か?」を学び考えていける場所だと思います。学んだ分、自分の人生にも深みが増せたと思います。知識を深く学べるだけでなく、人への感謝、調整スキル等も同時に身についていきます。「なぜ学び始めたか?」を忘れず、日々体調に気をつけて頑張ってください。

福祉臨床学科/30代/女性

入学し、レポートを仕上げるまで、かなり時間を要しました。こんな状態で、卒業なんてできるのかしらと不安になった事もありました。ですが、いろんな文献、新聞、地方行政冊子、インターネットを利用して、少しずつレポートの書き方や課題の理解を深めていきました。最初は慣れない事ばかりで、大変でしたが、最後の科目修了試験の満足感と、卒業レポート完成の達成感は、なかなか普段では味わえない感覚でした。これからも、この頑張りを無駄にしないよう、努めていきたいと思います。

児童教育学科/40代/女性

苦しい事も多いが、慣れてくると、そう思わなくなってくるので、少しがまんをして、自分のためと思い努力を継続していく事が大事だと思う。

福祉臨床学科/50代/女性

本気で「資格をとる・その資格を用いて働く」という意識がないと、続けられない学習だったと思います。最後まで学べて満足しています。引きつづき、資格を用いて働くため努力します。

福祉臨床学科/20代/女性

子育てをしながら、有効に時間を使うことができました。共に学ぶ仲間や先生方とお会いでき、良い勉強になりました。ありがとうございました。

児童教育学科/40代/女性

”させられている”から”している事の意味が分かる”時があると思います。在学中に無駄な事は何一つありませんでした。カリキュラムを信じて頑張ってください。

福祉臨床学科/30代/男性

計画的に学習を進めることが大切です。進め方は、自分のやりやすい方法ですることが、一番よいです。自分が、しっくりいく方法をみつけ出すことが大事です。

児童教育学科/50代/女性

自分の思うように学習をすすめて卒業するには、まずライフスタイルや仕事選びから考えると良いかと思いました。

児童教育学科/20代/女性

仕事をしながら出来ると思っていたが、想像以上の大変さだった。しかし、卒業を迎え思うことは、やりきった自分への誇らしさである。軽くは勧められないが、自分に自信が持てるのでやりがいはある。

児童教育学科/30代/女性

絶対に4年で卒業する、との目標を持ち続け、日々努力してきました。仕事に子育て、家事と大忙しの毎日でしたが、家族に支えられて無事に卒業を迎えることができました。あきらめずに頑張ってこられたことに誇りを持ちたいです。

児童教育学科/40代/女性

レポートや試験など、一つ一つがとても大変だと感じるけれど、やりとげた後の達成感はとても大きいです!それと同時にまわりに感謝の気持ちがわいてきます。一歩ずつ進んでください。

児童教育学科/40代/女性

しっかり計画を立てて、地道に取り組む以外はないと思います。得意な科目、苦手な科目はありますが、テキストを何度も読み返しレポート、科目修了試験に臨んでください。必ず合格できます!自信を無くす時もあるかと思いますが、スクーリング等で知り合った友人と助け合いながら、どうぞがんばってください!!

福祉臨床学科/40代/女性

2年間頑張ってきて良かったです。強い意志があれば、成し遂げることができる。ご指導くださった、諸先生方、事務局の皆様に感謝しております。ありがとうございました。

福祉臨床学科/40代/女性

私が卒業まで辿り着くことができたのは、明確な学習動機と同じ志をもつ仲間に恵まれたことがとても大きいと思う。実習は大変だったが、先生や仲間、家族の支えがあったから、やり遂げられたのだと思う。

福祉臨床学科/30代/女性

続けることは大変ですが、自分だけではなく、同じ志を持つ仲間がいること、指導してくれる先生方がいること、助けてくれる事務室があること、なんとかがんばれます。

福祉臨床学科/40代/女性

通信教育での勉強は、自分との戦いである。途中で何度も挫折しそうになったが、友人同志で励まし合い卒業までたどり着くことができた。在学中に知り合った全ての人達に感謝したい。

福祉臨床学科/40代/女性

”継続は力なり”といいますが、まさしくその通りです。あきらめなければ、自分を信じ、仲間と共に歩んでいけば道はきっと開けます。頑張ってください!!

福祉臨床学科/40代/女性

通信は自分との戦いです。誰も管理も指導も日々行ってくれません。でも、自分ですべてを成しとげた時、一回りも二回りも大きな自分になっていることが実感できるのではないでしょうか。あきらめず最後まで頑張ってください。2年間先生方や事務局の皆様には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

福祉臨床学科/40代/女性

卒業できることになり、目標が達成でき、久しぶりの充実感です。自分で自分をほめたいです。スクーリングでできた学友の存在が大きかったです。励まし合ったり、情報交換できたことは大きな力になりました。

福祉臨床学科/40代/女性

学ぶほど、社会に対する視野が広がり、内面が豊かになっていきました。学問の楽しさ、深さを満喫した2年間でした。ありがとうございます!

福祉臨床学科/40代/女性

 

image

満60歳以上の方へ入学時学費の一部を免除します

満60歳以上の方へ、入学時学費の一部を免除します

 

image image

履修証明プログラム社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

「履修証明プログラム」社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

 

image

特例制度(科目等履修)
が利用できます
幼稚園教諭免許・
保育士資格

特例制度(科目等履修)が利用できます

 

image

入学要項
願書請求
資料請求は
このバナーを
クリック

入学要項願書請求

 

image

入学説明会案内詳しくは
このバナーを
クリック

入学説明会案内

 

デジタルパンフレット image image image image

 

より便利で快適な学生生活を
サポートする学生専用サイト
親和 de ネット こちらからログインしてください。

親和 de ネット

【注意】「親和deネット」は、スマホ・タブレット・携帯電話での動作保証はしておりません。

 

証明書発行 証明書発行

神戸親和女子大学
通信教育部 児童教育学科 福祉臨床学科

神戸親和女子大学 通信教育部 児童教育学科 福祉臨床学科

 


通信教育部TOP

Q&A

コラム「新話旧題」

Menu

Loading