大学院文学研究科・教育学専攻

学びの本質を知る“教育のプロ”をめざす。

教育学専攻

趣旨

教育学と心理学の両面から、高度な教育実践力と指導力を修得。

教育学専攻では、教育現場において指導的な役割を担う高度な専門的知識、課題解決能力と実践的指導力の育成をめざしています。教育が直面する困難をどう乗り越えるかを中心に、教育学・心理学の包括的な専門研究を深め、教育に関する広い知見を培います。また、子ども、教師、保護者、学校組織を対象に、さまざまな心理教育的な援助サービスを行う〈学校心理士〉資格への道も設定。教育学と心理学の両面から“こころ”の教育を実践できる人をめざします。

学校心理士とは

学校教育において、教職にありながら問題に直面している子どもに対してカウンセリングなどによる直接的援助を行い、子どもを取り巻く保護者や教員、学校組織に対してコンサルテーションなどの心理教育的援助サービスを行う専門家のことを言います。本専攻では、所定の単位修得と実務経験を積めば学校心理士・学校心理士補の受験申請が可能になります。


↑ ページトップ