発達教育学部

ジュニアスポーツ教育学科

  • ● ジュニアスポーツ教育コース
  • ● スポーツカウンセリングコース
  • ● スポーツマネジメントコース
スポーツから芽生える、人間力がある。

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 日本体育協会公認スポーツリーダー、ジュニアスポーツ指導員(受験資格)、アシスタントマネジャー(受験資格)
  • 日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ指導員(初級・中級)
  • 健康運動実践指導者(受験資格)
  • 司書
  • 司書教諭

※小学校教諭一種または幼稚園教諭一種免許状 (本学通信教育プログラムを併修)

↑ ページトップ

コース紹介・学びの特色

身につくチカラ

学びの特色

  1. 教員・指導員などの資格・免許取得をバックアップしています。

    スポーツと教育に関する、さまざまな免許取得を後押し。中学校・高等学校の保健体育教諭免許状だけでなく、ジュニアスポーツ指導員、健康運動実践指導者などの資格・免許が取得可能です。さらに、通信教育プログラムの併修で、幼稚園または小学校教諭をめざすこともできます。

  2. ビジネスや地域とスポーツの関わりも学びます。

    地域スポーツクラブの運営について学んだり、スポーツ系の企業を訪ねて話を伺ったりと、研究範囲は単にスポーツそのものでは終わりません。また、海外研修を通じて、世界のスポーツ事情も肌で感じます。

  3. 地域の子どもへの指導を、学生がマネジメントします。

    子どものスポーツ種目の適性を発掘する「ジュニアスポーツアカデミー」など、地域の子どもたちへの指導も積極的に行っています。こうした活動は、学内に設置されている地域交流センターと連携して行われ、授業で得た知識を活用して学生がマネジメントしています。

ジュニアスポーツ教育コース

コースの特徴

子どもが持つ力を、最大限に
高められる指導をめざします。
目標とするのは、子どもの潜在能力をフルに引き出し、高められる指導。スポーツの好き嫌いを問わず、子どもたちが心身共に成長できるよう、知識と理論を深めていきます。
教育指導の技術とスキルを、
理論と実践の両面から習得します。
中学校・高等学校の保健体育の教員に求められる力を、理論的に習得。一方で、子どもたちと実際に触れ合う機会も多数提供し、教育現場で生かせる能力を磨きます。

学生のコメント

学生のコメント
教えるだけじゃない。
楽しさを伝えられる
指導者をめざして。

4年次生

中学校時代の保健体育の先生に憧れて、このコースを選びました。高校までの“受ける”だけの授業とは違い、今は授業をつくる側の視点を養っています。将来は「スポーツが楽しい」と感じてもらえるような指導者になりたいです。

授業紹介

保健体育科教育法Ⅱ

学習指導要領に基づく保健体育科教育について学習します。教科そのものの性格や目標、年間指導計画を理解し、教員として生徒を指導する際に生かします。また、座学だけでなくグループでの模擬授業も実施。指導案の作成から実際の指導の全てを学生が担当します。知識を実践に移すことで、より深い学びとなります。

保健体育科教育法Ⅱ

スポーツカウンセリングコース

コースの特徴

スポーツに取り組む子どもたちの、
心理的トラブルの解決に取り組みます。
“燃えつき”や“スランプ”など、スポーツに関するさまざまな心理的課題を研究し、解決に取り組みます。運動が嫌いな子どもたちの心理についても学び、精神面からサポートできる指導者をめざします。
精神面をケアする技術を学び、
心身共に安心できるスポーツ環境を
支えます。
子どもたちは、さまざまな心理状態でスポーツに取り組んでいます。メンタルケアを学び、子どもたちの心理を適切に評価できる能力を養成。心身両面で安心してスポーツに取り組める、環境づくりを支えます。

学生のコメント

学生のコメント
夢は体育教師。
スポーツで悩む
生徒のこころに、
寄り添える先生に。

4年次生

大事な場面での緊張や“燃えつき症候群”など、スポーツに関する心理状態を学んでいます。保健体育の教員が中学生からの夢。4年間の学びを生かし、スポーツをする子どもたちの悩みを解決できる教員をめざします。

授業紹介

スポーツ心理学

運動時の精神状態や、スポーツが人間形成に与える効果など、競技者・指導者両方の心理的側面を探求します。また、個人の性格と競技の達成度との関係やリラクゼーション法についても学び、メンタル面から競技者をトータルに支えるスキルを身につけます。並行して、障がい者指導に関する知識も習得します。

スポーツ心理学

スポーツマネジメントコース

コースの特徴

スポーツとビジネス、2つの
知識を生かして社会に貢献します。
スポーツそのものだけでなく、関連するマーケットやマネジメント、企業活動などを学びます。関係する企業について研究することで、スポーツとビジネス、双方の知識を生かした分野での活躍をめざします。
企画から運営まで、スポーツイベントを
マネジメントする技術を磨きます。
座学で知識を養うばかりでなく、運動嫌いな子どもがどうすれば好きになるかという点も視野に入れて、学校や地域でイベントを企画。さらには立案・運営するためのスキルの習得もめざします。

学生のコメント

学生のコメント
スポーツに関わる
キャリアを考えると、
親和が一番
魅力的だった。

4年次生

スポーツクラブの企画運営、スポーツと行政や地域との関わりの検討など、実践的な授業が豊富に組み込まれています。スポーツを通じてキャリアアップを考え、自分の夢を模索できるコースです。

授業紹介

スポーツマーケティング

プロ・アマスポーツチームやスポーツ関連組織といったスポーツ活動の事業主体者は、大会の円滑な運営などの目的達成のため、広告代理店などを活用し、さまざまな戦略や販促事業を実施しています。本講座では、まず一般的なマーケティングを学び、その後それがどのようにスポーツに活用されているかを学びます。

スポーツマーケティング

topics

  • さまざまなイベントにジュニアスポーツ教育学科の学生も参加 さまざまなイベントに
    ジュニアスポーツ教育学科の学生も参加。
    講義で学んだ内容の理解を深めます。

    グランフロント大阪で開催する“親和体験Lab.(親和の地域活性化プログラム)”は、神戸市と神戸の8大学が協力して、それぞれの研究成果を紹介する“大学都市KOBE!発信プロジェクト”の一環として実施。各団体が、医療、健康づくり、子育て、防災、ICTなどそれぞれの大学の強みや持ち味を生かした内容で企画を展開します。本学では“子ども”をテーマにさまざまな角度から取り組みを披露。ジュニアスポーツ教育学科では、講義で学んだ内容を生かし、子どもたちに体を動かす楽しさを、イベントを通じて感じてもらえるよう、内容を学生自身が企画しています。

  • 地域の子どもたちと接し、実践力に磨きをかけます 地域の子どもたちと接し、
    実践力に磨きをかけます。

    さまざまなイベントを学生たちが企画し、地域の子どもたちと保護者の方々をお迎えする“キッズオープンキャンパス”に、ジュニアスポーツ教育学科の学生も参加。教職員のアドバイスを受けながら、5ヶ月近くかけて準備します。毎年、地域の方々に楽しんでいただき、参加学生数は約350名、来場者は約700名にのぼる大学の一大イベントです。ジュニアスポーツ教育学科では学科ならではの学びを生かして、体を動かす楽しさを感じてもらえるようなダンスやゲームなどを企画。講義で学ぶだけでなく、積極的に子どもたちと関わる中で、実践力を養っていきます。

↑ ページトップ