大学院文学研究科・心理臨床学専攻

高度な専門性を持つ臨床心理士に。“こころの専門家”をめざします。

趣旨

専門的な研究と実習経験を重ね、 必要な知識と実践力を修得。

心理臨床学専攻では、心の発達を支え、心のケアを必要としている人々を支援する専門職業人としての〈臨床心理士〉の養成を目的としています。臨床心理学や心理学分野での専門研究を深めるだけでなく、学内に設けた〈心理・教育相談室〉で実習経験を積むことも可能です。また学外では病院や、児童福祉施設、児童相談所など提携施設で臨床心理士として必要な知識と実践力を身につけることができます。

臨床心理士とは

〈臨床心理士〉とは、臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を取り扱う“こころの専門家”のこと。教育や医療、福祉などをはじめ、さまざまな分野で心の問題を抱えた人に接し、その問題を解決するために働きかける、今もっとも社会に求められる職業と言えます。心理臨床学専攻は、認定機関である公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から〈第一種指定大学院〉として指定されており、修了年に資格審査の試験を受験することができます。


↑ ページトップ