歴史・沿革

校祖 友國晴子

大学の歴史

  • 開校時の善照寺本堂仮校舎
  • 1892年、本校第一回卒業生にして初の本校教員となった上田藤枝(左端)中央は友國晴子
  • 1908年当時の授業風景
  • 藍綬褒章
    「公衆ノ利益ヲ興シ成績著名トナス」
  • 体育の授業の一環として薙刀訓練
  • 親和女子大学
    第一回入学宣誓式

1887年
佐々木祐誓を中心に神戸元町、善照寺内に親和女学校を開校

1892年
閉校された親和女学校を友國晴子が熱意と独力で再興

1896年
下山手七丁目に新校舎が完成

1908年
親和高等女学校となる。
校訓を「誠実、堅忍不抜、忠恕温和」とする

1916年
友國晴子、多年の教育功労に対し《藍綬褒章》を受ける

1924年
友國晴子、勲六等を叙せられ《瑞宝章》を受ける

1928年
鉄筋コンクリート4階建ての新校舎が完成

1937年
親和学園創立50周年。
体育の授業の一環として薙刀訓練

1947年
親和中学校を併設。
中学校が義務教育に

1948年
親和高等女学校が親和女子高等学校となる

1966年
親和女子大学開学《文学部(国文学科)(英文学科)》

1972年
《文学部》(児童教育学科)開設

1987年
親和学園 創立100周年記念式典を挙行

1989年
親和女子高等学校・親和中学校が神戸市外大跡地へ移転

1994年
大学名を「神戸親和女子大学」に変更。
《教育専攻科》設置

1997年
(英文学科)から(英米学科)に学科名変更

1998年
《文学部》(人間科学科)開設

2002年
《大学院文学研究科》
(修士課程「心理臨床学専攻」「教育学専攻」)開設
[5号館大学院棟]完成

2003年
《文学部》(総合文化学科)(心理臨床学科)(福祉臨床学科)開設
[親和保育園]開設

2004年
《教育研究センター》「子ども教育研究所」「福祉・障害児教育研究所」「高等教育開発研究所」「人権教育研究所」開設

2005年
《発達教育学部》(児童教育学科)(心理臨床学科)(福祉臨床学科)開設

2006年
《教育研究センター》「言語・文化研究所」開設
《通信教育部》(発達教育学部「児童教育学科」「福祉臨床学科」)開設
「神戸親和女子大学」創立40周年

2007年
三宮サテライトキャンパス[センタープラザ教室]開設
[千鳥が丘親和保育園]開設
親和学園創立120周年

2008年
《発達教育学部》(ジュニアスポーツ教育学科)開設
《発達教育学部》(心理臨床学科)を(心理学科)に学科名称変更
子育て支援センター『すくすく』開設

2009年
[6号館スポーツ教育健康センター]完成

2011年
[新2号館]完成

2012年
親和学園創立125周年

2014年
《国際教育研究センター》開設

2016年
[ラーニングコモンズ『TOMO(トモ)』]完成
[神戸親和女子大学附属親和幼稚園]開設
「神戸親和女子大学」創立50周年


校章

校章

鏡、菊、葵をデザインしています。中央の“鏡”は女子の魂、清い心。“菊”は薫る美しさが女性の意気と困難に打ち勝つ意思の象徴。“葵”は校祖の家紋です。


シンボルマーク

スローガン

“ひとに学び ひとに生かす”

広い視野で社会と密接に関わりながら、そこで学んだことをさまざまな課題に生かしてほしいという願いが込められています。

シンボルマーク

頭文字である「S」を、手をたずさえつながるふたりの人のように表現しています。“ライムグリーン“はみずみずしい生命の息吹、“サンシャインイエロー“は知性の輝きを象徴しています。


↑ ページトップ