発達教育学部 心理学科

使ってみたくなる心理学、教えます。

免許・資格・進路

取得可能な免許・資格

めざせる進路

めざせる進路

↑ ページトップ

プログラム紹介

3つのプログラムの中から、好きな科目を自由に、
好きなだけ学べる。それが心理学科の魅力です。

◎プログラムは進路別のコースではなく、特長ごとに集めた科目群です。
◎将来の進路を決めているひとは、進路にあわせたプログラムを重点的に選択できます。
◎心理学は幅の広い学問。だからプログラムにしばられず、好きな科目を学べます。

現代女性のための
心理学プログラム

女性の日常生活をテーマにした心理学です。

わたしたちの生活の中には、心理学のテーマがたくさんあります。中でも女性の関心が高い「毎日の食事」、「化粧や衣服」といったテーマについて心理学的視点から考えます。

粧い、食、音楽、色彩など幅広いテーマがあります。

プログラムの科目群のテーマは、粧い、食、スポーツ、音楽、童話、色彩、高齢者、家族など。幅広い選択肢の中から、じぶんだけの時間割をつくっていけます。


子どものこころがわかる
プログラム

子どもたちのこころの問題に取り組みます。

人間の発達には、年齢によって変化する側面と、一人ひとりの経験によって変化する側面があります。この変化の両側面を理解し、現代の子どもたちが抱えるさまざまな問題に取り組めるチカラを養います。

小学校や幼稚園の教員、
児童福祉施設の職員をめざす道もあります。

子どもの発達とこころを理解することは、幼稚園や小学校の教員としてとても大切です。通信教育課程プログラムを履修することで、子どものこころがわかる教員や児童福祉施設の職員をめざせます。


臨床心理(心の専門家)
プログラム

臨床心理の専門科目が充実しています。

こころの専門家をめざすために必要な臨床心理の専門科目(臨床心理学実習、カウンセリング、精神医学など)で学びの基礎を固めます。

大学院進学をめざして、専門性を高めます。

臨床心理士の受験資格取得には、本学大学院のような日本臨床心理士資格認定協会による、臨床心理士養成の指定大学院を修了しなくてはなりません。そのためには、心理学全般の知識や研究法の理解が必要です。科目群には心理学実験・実習、心理学研究法など専門性を高める科目が準備されています。


↑ ページトップ