お知らせ

発達教育学部福祉臨床学科募集停止および発達教育学部児童教育学科・ジュニアスポーツ教育学科の定員変更計画のお知らせ

本学の福祉臨床学科は2005(平成17)年に設立され、これまで多くの社会福祉士、保育者を輩出してまいりましたが、この度、学科の再編により、2019(平成31)年度以降の学生募集を停止することといたしました。

福祉臨床学科の在学生は、これまで通り神戸親和女子大学で学修し卒業することとなります。卒業に至るまで最長8年間、教育環境を継続し、進路・就職支援についても精一杯サポートして参ります。

これまで福祉臨床学科の教育活動にご支援を賜りましたみなさまには、深く御礼申し上げますとともに、在学生の卒業に至るまで引き続き、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

  また、児童教育や幼児教育、保育分野並びにスポーツ・体育分野で活躍する人材育成といった本学に求められる社会的ニーズにさらに応えていくために、2019年(平成31年)度入学生より児童教育学科の定員を195名から215名、ジュニアスポーツ教育学科の定員を60名から80名への変更を計画しております。さらに児童教育学科では、保育士養成課程定員を130名から150名に変更し充実を図っていく所存です。

2018(平成30)年4月6日
                         神戸親和女子大学学長

   三井 知代