国際交流

お知らせ

海外スポーツ教育・文化研修 現地報告【その7】

9日目

ニーハオ!
今日は9日目!そろそろみんなとお別れが近づいてきたと実感してきました。
中国を離れる悲しさと日本への懐かしさが入り混じった気持ちになりました。
午前中は、鄭先生の解剖学の講義を受講しました。
本物の人骨を用いた講義は、人体の構造を理解する上で非常に有意義な時間となりました。
午後は、上海体育学院附属中学校にてサッカーの交流をしました。
教職員だけでなく、多くの生徒から歓迎され、楽しい時間を過ごすことができました。
夜は、お別れ会として立食パーティーをしました。
留学生だけでなく、一緒に研修を行ったみんなと仲良くなり、研修の充実感で幸せな気分になりました。



10日目
いよいよ研修も最終日を迎えました。今日は朝から豫園に行き観光と買い物を楽しみました。
中国で有名なストローでスープを吸って食べる小籠包を食べました。今回の上海で食べた中で1番おいしいと感じました。
今回の研修でたくさんのことを学ぶことができました。中国の文化やスポーツへの取り組み、日本とは違う部分をたくさん学ぶことができました。
最初は不安でいっぱいでしたが、中国に来てみて初めてわかることがたくさんありました。
日本ではできないことをたくさん経験することができました。現地の留学生や日本の他大学との交流でたくさん刺激をもらいました。
この研修でたくさんのことにもっと挑戦しようと思いました。この経験を今後に生かしていきたいです。