重要なお知らせ

2020年度秋学期授業実施ガイドラインの確認について

 2020年度秋学期の授業を対面授業とオンライン授業の併用で実施するにあたって、大学は、感染防止対策を講じています。感染防止対策の一環として、「秋学期対面授業実施ガイドライン」を策定しましたので、学生の皆さんも感染防止に努めていただき、秋学期の授業を受講してください。

【秋学期対面授業実施ガイドライン】

① 毎朝検温し、「毎日の健康観察・行動記録票」に記入してください。熱や咳、息苦しさ(呼吸困難)、だるさ(倦怠感)等の感染症を疑う症状がある場合は、登校しないでください。

② 登校後、発熱等体調がすぐれなくなった場合は、すみやかに保健室に行ってください。

③ 対面授業を受講する際には、大学への入構時の検温、手指の消毒、マスクの着用など、教職員の指示に従って行動してください。学内各所(建物入口等)に手指用消毒液を設置しています。手洗い、消毒をしてから教室等に入室してください。

④ 原則、マスクは通学時も授業中も着用してください。ただし、熱中症の恐れが考えられる場合は、屋外で近くの人と少なくとも2m以上の距離を確保できる場合等はマスクを外すなどの対応をとってかまいません。

⑤ 大声を出すなど、唾液の飛沫が拡散したりするような会話は控えてください。友人であっても、適切な距離(概ね1.5m以上)を保ち、対面で話すことがないようにしてください(横並びでも1m以上間隔を保つのが望ましい)。

⑥ 教室の換気を定期的に行ってください。常時、扉と窓を開けておくか、30分ごとに5分程度窓を全開にして換気を行ってください。

⑦ 着席禁止の席を設けていますので、その席は使用せず、座席の間隔を空けて着席してください。

⑧ 教室の備品を使用する際は使用後に学生の皆さんのご協力を得ながら、アルコール消毒を行います。

⑨ 授業ではプリントは原則配布しません。Teamsであらかじめ配付された資料は、印刷して持参する、もしくは、所有のPC、タブレットなどに自宅でダウンロードしておいてください。授業中のPCやタブレット等の閲覧は、許可していただくよう教員には連絡済みです。

⑩ 学内で電源(PC、タブレット、スマートフォンなどのチャージ)を利用できる場所には限りがありますので、モバイルバッテリーを持参されることをお勧めします。

⑪ 食堂はメニューを限定して営業します。また、昼食をとるための場所として開放します。また、教室の利用も可能です。その際、人との距離を最低1mはとり、対面ではなく横並びで座ってください。また、食事中の会話は控えてください。昼食終了後には、机等のアルコール消毒をお願いします。

⑫ 実技の授業に関しては、別途ガイドラインを参照してください。



【通学時の注意点について】

①可能な限りラッシュアワーの時間帯を避けるようにし、比較的すいている車両を利用するようにしてください。

②特段な事由がない限り、通学中はマスクを着用し、会話は必要最小限にとどめてください。咳エチケットを心がけてください。

③ソーシャルディスタンスを保って、歩くように心がけてください。

④大声で会話する、横に広がって歩く等、他の人の迷惑にならないように注意してください。

⑤スクールバスに乗車する際は、必ず、マスクを着用してください。

⑥スクールバスの乗車場所では、ソーシャルディスタンスを確保し、会話を控えてください。

⑦スクールバスは、着座にて最大50名程度で運行します。スクールバス乗車中は、狭い空間のため、会話は控えてください。

⑧登校時は、下車後、学生会館北玄関ホールで検温を受けてください。



【注意喚起について】

若年層の感染拡大につながっている要因として、カラオケや夜間の外出等があげられていることから、①密閉した空間、②近距離での会話、③多くの人が集まる密集場所等へ行くこと及びこれらの場所でのアルバイトは自粛するようにお願いいたします。
 それに加え、学生のみなさんには、新型コロナウイルス感染症が収束するまで、懇親会、新入生歓迎コンパ等、飲食を伴うイベントを中止する(参加しない)よう自粛を要請します。
 最後に、学生のみなさんは、引き続き感染リスクを避ける行動をとるよう心がけてください。