学部学科・大学院

発達教育学部 福祉臨床学科に関するお知らせ

福祉臨床学科「ふれあい喫茶」を開催しました!

 すっかり秋も深まり、街のあちこちで紅葉が楽しめるようになって来ました。

 芸術と食欲の秋♪ということで、11月6日(水)のふれあい喫茶では、地域の皆さんとご一緒に、「水引細工」と「ベビーカステラ焼き」を楽しみました。

 みなさん、水引細工、ご存知ですか?お祝い袋などについている紐の飾りですが、結び方次第で素敵な飾り物も作れます。参加者のみなさんも、興味津々!色とりどりの水引からお好みの色を選んで、まずはじめは、基本の結び、「あわじ結び」にチャレンジしました。これが意外と難しく、あちらこちらから学生を呼ぶ声が聞こえてきました。始めはできないとおっしゃっていた方もコツを掴めば、3本の水引で作ってみたり、「梅結び」に挑戦したり、はたまた、お孫さんのお祝い用のぽち袋を作成したり...と楽しんでおられました。

 

 そして、別のテーブルでは、本日のお菓子として召し上がっていただく手作りのベビーカステラを、タコ焼き器を使って焼きました。タコの代わりに、ベビーチョコやいちごチョコ、また、ミニウインナーやミニチーズを入れて、いろんな味を楽しみました。綺麗に焼けたベビーカステラはとても美味しそうで、あっという間にみなさんのおなかの中へ・・・・♪

 おしゃべりもはずんだひと時でした。みなさん、ご来場ありがとうございました。

 

 福祉臨床学科では、毎月第一水曜日に地域の高齢者をお招きして「ふれあい喫茶」を開催しています。授業開講期間中は、ゼミ毎に学⽣がさまざまな楽しいプログラムを企画・準備してお待ちしています。

次回は来年の12月4日(水)に開催します。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。