学部学科・大学院

発達教育学部 福祉臨床学科に関するお知らせ

福祉臨床学科の学生が地域福祉活動に参加しました!

2018年11月17日(土)、2年次生の地域福祉活動で神戸市にあるワークホーム明友(障害者支援施設)に訪問し、交流させていただきました。

 まずは利用者と学生の混合グループに分かれ、それぞれのグループで自己紹介を行った後、利用者と学生が協力し、ペットボトルや牛乳パックを使って、色とりどりの個性あふれるマラカスやカスタネットを作成しました。その楽器を使って演奏しながらみんなで楽しく歌を歌いました。その後の風船バレー大会では、大きな歓声が上がるほど盛り上がりました。

学生からは「初めの方は緊張したけど、楽器作りを始めた時から会話も増え、一緒に作ることができて楽しかった。学生だけでなく、利用者も盛り上げてくださり嬉しかった」「どの方も私たちが用意したレクリエーションをできる範囲でやってくださった」「手作り楽器も風船バレーも大いに盛り上がり、利用者の方が楽しんでくださっている様子を見て嬉しかった」などの感想が聞かれました。

援助というのは一方的なものではなく、双方向のやりとりが大切であること、実は援助者も利用者から元気をもらっていることも学んでくれたようです。

 これらの機会を与えていただいたワークホーム明友の職員および利用者の方々に感謝申し上げるとともに、学ばせていただいたことを踏まえ、利用者に寄り添い支援できる援助者になってほしいと願います。