発達教育学部 福祉臨床学科

卒業生メッセージ

写真:社会福祉法人 親和福祉の会 千鳥が丘親和保育園 保育士 私立保育園

社会福祉法人 親和福祉の会
千鳥が丘親和保育園 保育士
(2012年3月卒業)

保育園時代から貫いた夢。
難しさの中に、やりがいを感じる。

保育園に通っていた幼い頃から、ずっと保育士に憧れていました。実際に保育士になり、今は0歳児のクラスを担当しています。言葉が使えないので難しい部分もありますが、園児たちと信頼関係を築き、より理解を深めることに楽しさとやりがいを感じています。園の中でも中堅となった今、他のクラスにも気を配りながら、より楽しい保育をしていけるよう成長していきたいです。

学生時代の思い出

仲間と共に過ごした思い出いっぱいの寮での日々。

毎日ご飯を一緒に食べたり、友人の部屋で雑談したりと、仲間と過ごした日々は一生の宝物です。

写真:神戸市 兵庫福祉事務所保護課 公務員

神戸市 兵庫福祉事務所保護課
(2015年3月卒業)

大学での学びを胸に、
福祉環境の改善に取り組みたい。

生活保護に関することを中心に、生活に関するさまざまな相談に応じています。中には頻繁にお会いする方もいるのですが、大学時代に実習を通じて教わった"親しき仲にも礼儀あり"という姿勢は常に忘れないように心掛けています。卒業後、施設や保育園ではなく公務員を選んだのは、つらいイメージの強い福祉の現場を変えたいと思ったから。少しでも改善できるよう尽力していきたいです。

学生時代の思い出

楽しくて、ためになったスウェーデンでの福祉研修。

スウェーデンでの研修が印象深いです。楽しかったことに加え、福祉の面で見習うべき点が多く、いい意味で衝撃的でした。