発達教育学部 福祉臨床学科

コース紹介

社会福祉コース

コースの特徴

ニーズが高まる社会福祉士の資格取得を、徹底してサポートします。
福祉制度が多様化し、重要性がますます高まっている社会福祉士。福祉事務所、児童相談所、病院、社会福祉協議会など、実にさまざまな施設で必要とされています。本学では、4年間での社会福祉士(国家試験受験資格)取得をサポートします。
誰もが直面する社会問題を、適切に対処できる人材を育成します。
リストラ、障がい、家庭内暴力、介護。複雑化する現代社会において誰もが直面する可能性のあるさまざまな問題に対し、専門的な立場から関与して適切な助言ができる力を養います。

授業紹介

社会保障論Ⅱ
社会福祉制度に関するさまざまな教科書や参考書を読み、成立過程や現行制度、財政、機能などについて総合的に学びます。現代社会が引き起こす生活困難や社会保障の問題点などを理解して、自分なりの意見や考えを持つことを目標としています。

子ども福祉コース

コースの特徴

色々な課題について学び、幅広く活躍する保育士を輩出します。
子どもの健やかな育ちを支えるための学びを生かし、福祉の知識を持った保育士を養成します。卒業後は保育所のみならず、児童養護施設や障がい児施設、地域の児童館など、多岐にわたる現場で活躍することができます。
子どもの生活を支えるために、家族が抱える課題に取り組む力を養います。
保育士として子どもの成長を支えるため、保育所や児童養護施設では家族も含めたケアを行います。大学では、授業、実習、ボランティアなどを通して、課題を解決できる実践力を育てます。

授業紹介

保育内容Ⅲ
子どもの発達と表現活動を学ぶ授業です。子どもが遊びや生活を通して体験したこと・うれしかったこと・考えたことなどをさまざまな方法で表現できるよう、保育者としての関わり方を考察します。

在学生の声

社会福祉コース

3年次生
だから私は親和!!

福祉、保育両方の視点を学べる。

中学校時代の保育園での職場体験や祖父の介護経験を通じて、さまざまな視点から人を支えたいと思っていました。保育と福祉を並行して学べること、またオープンキャンパスで先輩が親身に相談にのってくださったことが親和を選んだ決め手となりました。

私のおすすめ授業

社会保障論

現場経験のある先生に最近のニュースや過去の事例などを解説していただき、社会の現状や課題をグループで討論します。社会福祉士をめざすうえで、"社会の今"を知ることはとても重要です。

私のめざす進路

皆が夢や目標を抱ける環境をつくりたい。

社会制度や法律を学ぶ「社会福祉」の視点。子どもの特性を理解する「保育」の視点。両方を身につけて、子どもから大人までいきいきと暮らせる社会をつくっていきたいです。

子ども福祉コース

2年次生
だから私は親和!!

支援が必要な方を支える資格を。

福祉臨床学科では、保育士と社会福祉士の両方の資格取得をめざすことができます。支援を必要としている方々を幅広い知識でサポートしていきたいと考えていた私にとって、ぴったりの環境だと思いました。

私のおすすめ授業

保育原理

グループワークを通じて、保育の基本知識を学びます。他者との意見交換は、自分の考えを深めることにつながります。また、現場経験豊富な先生の体験談を聞くことで、保育現場についてリアルにイメージすることができました。

私のめざす進路

子どものペースに合わせた保育を。

身につけた知識やボランティア活動での経験を生かして、将来は児童福祉施設で働きたいと考えています。子どもたち一人ひとりの発達に応じた保育を行いたいです。