学部学科・大学院

発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科に関するお知らせ

「ジュニアスポーツ教育学科講演会」を開催いたしました

2017年10月26日(木)9:00~10:30

講 師:千葉洋平(一般社団法人日本スポーツアナリスト協会理事)

演 目:スポーツ情報.スマホ世代の戦い方.~フェンシング日本代表の事例より~


10月26日(木)1限に、本学311教室にておいてジュニアスポーツ教育学科主催(国際教育センター共催)の講演会が行われました。
フェンシング日本代表に帯同されている、スポーツアナリストの千葉洋平氏をお招きし、
「スポーツと情報 スマホ世代の戦い方~フェンシング日本代表の事例より~」というテーマで、ご講演いただきました。

主にジュニアスポーツ教育学科の3年次生と2年次生が聴講し、スポーツ経験者はもちろん、現在クラブ活動に励む学生や、
指導者を目指す学生にとって、とても貴重な学びの機会となりました。

フェンシングを見たり、実際に経験したりすることがない学生がほとんどでしたが、
フェンシングの構造を理解しつつ、世界で勝ち抜くための戦略・戦術の内実、それを方向付けるための情報収集・分析の方法等について、
とても分かりやすく教えていただきました。

選手に納得・共感してもらうために、わかり易くデータを可視化するとともに、
選手が常に自ら考え、なぜという疑問を抱けるよう配慮している<プレーヤーズ・ファースト>とのことでした。
スポーツ指導はもとより、教材づくり・授業づくりにも繋がる内容でした。


来年度、ジュニアスポーツ教育学科は開設10周年を迎えます。

スポーツにおける子どもの躓きは、スポーツ科学の成果を学びつくすことによってしか克服できません。
今後も、子どもの世界とスポーツ科学の世界を往還しつつ、未来を切り開く人材の育成に努めてゆきたいと思います。