学部学科・大学院

教育学部 児童教育学科に関するお知らせ

親和ピアサポーターが神戸市教育委員会の教員研修(ビデオ)を担当しました。

*********************************

親和ピアサポーターが、神戸市教育委員会の教員研修(ビデオ)を担当しました。

*********************************

6月8日、親和ピアサポーターは、神戸市教育委員会の依頼を受けて、約3時間の教員研修のビデオに出演しました。


教員研修ビデオは、神戸市の小学校162校、中学校81校、特別支援学校5校、高校8校、で視聴されます。

研修は授業づくり、生徒指導、学級経営がテーマでした。

① グループ学習と協同学習の違いは何か ② いじめアンケート活用方法

③ 学校適応感を診断するアセスの使い方 ④ アメリカの規範意識の育て方

⑤ 子どもたちのネットの闇 などを担当しました。


神戸市教育委員会から「是非とも神戸市の教師になってほしい」「人前で話す力がとてもある」などと、高い評価を受けていました。
親和ピアサポーターは、「私たちは全員、小学校の教師を目指しています。先生になった際には、学級経営で実践したい」と抱負を
語っていました。

グループ学習と協同学習の違いは何か
いじめアンケート活用方法
学校適応感を診断するアセスの使い方
アメリカの規範意識の育て方