学部学科・大学院

教育学部 児童教育学科に関するお知らせ

2020年度ピアサポート活動報告

**************************************************************************

親和ピアサポーターは、1年間様々な活動をして大きく成長しました。

2020年度は、キャンプ・学習支援を中心に92回の活動を実施できました。

**************************************************************************

●学習支援ピアサポート

2020年前半は、コロナ禍のため小中学校が休校になり、ピアサポート活動は中止となりました。
コロナ禍で、学校で失われた授業時数は200時間とも言われ、授業のスピードは早くなり、学習についていけない子供たちが増加しました。

ピアサポーターは全員が小学校教師を目指しています。
そこで、神戸市内の小中学校で学習支援のピアサポート活動を10月からスタートし、3月に終了しました。 
学習支援ピアの活動日数は合計77日間、ピアサポーター参加延べ人数は324人、学習支援時間は1,334時間と
なりました。
本活動は、コロナ対応の助成財団の支援を受けて活動しています。

〇支援先の子供たちの声

「勉強が苦手だったけど、優しく教えてありがとうございました。算数の問題が解けた時、とっても嬉しかったです」

〇支援先の学校教師から声

「学習につまずきのある子供を中心にサポートして頂き、感謝しています。是非とも先生になってください。」

〇ピアサポーターの声

「子供たちの笑顔が見ることができて、励みになりました。学習支援の大切さも学びました。必ず先生になりたいと
 改めて決意をしました」

●大学ピアサポート研究会

2月27日、名古屋大学主催で、大学ピアサポート研究会がZOOMで行われました。全国から約35大学が参加し、
活動報告、研究発表がありました。
親和ピアサポーターも全国の仲間と交流を持ちました。

●新入生の皆さんへ

2020年のピアサポート活動は、下記の添付資料をご確認ください。
新入生の皆様でピアサポートに関心がある方は、金山研究室までご連絡をお願いいたします。

2020 ピア活動 .pdf

一人一人、丁寧にサポート
子供たちとの交流
書道の時間
中学生への学習サポート