スポーツセンター

11月19日(火)神戸親和女子大学附属親和幼稚園で「サッカークリニック」を実施しました!(3)

11月19日(火)神戸親和女子大学附属親和幼稚園において、年長3クラスを対象にスポーツセンターアドバイザーの大竹七未さんが「サッカークリニック」を実施しています。

「サッカークリニック」は、月1回のペースで実施しており、今回は3回目でした。

  実際の様子を、大竹七未さんにつづっていただきました。

****************************************************************************

先日、神戸親和女子大学附属親和幼稚園に月1のサッカー指導に行ってきました。
今回で3回目の訪問です!
毎回テーマを決めていますが、今回は、「サッカー技術の上達」はもちろん、
「運動能力向上」+「見て+考えて+判断」の要素を取り入れてみました。
短い時間なので、やる回数は限られてしまいますが、少し難しいかな?どうだろうな?出来るかな?
と、いう思いで、チャレンジしてみました。

まず、ウォーミングアップを兼ねて、
笛の合図で私と同じ動きをしてもらい、慣れてきたら、私とは逆の動きをしてもらいした。
1クラスが31~33人なので、すぐ出来る子とすぐに出来ない子も見受けられましたが、
徐々にみんな出来るようになりました。

これは、大人がやっても、何気に間違えてしまいます!
先生も間違えないようにと挑戦してくれていました!

サイドステップを踏みながら、みんなが横に移動するだけでも、
楽しそうにみんなが声を出し、嬉しそうに喜びながら動いてくれるので、
私までとても楽しい気分になり、子どもたちの無邪気さに癒されます。

次は笛の合図で、長座から立って走ってもらいました。
少し負荷をかけて、手を使わないで長座の状態から立って走ってもらいましたが、流石子どもたちです!
体重が軽いので、意外と簡単に立って、走っていました。
これが・・・運動不足の大人になると、おそらく「よっこらしょ!」に、なってしまうと思います。(笑)

「笛の合図!」でスタート!という、単純なルールだけですが、
「よーいドン!」の声掛けをすると、1回目は、ほぼ全員がルールをすっかり忘れてスタートをしてしまいます。
2回目から、冷静に判断をするタイプ、慎重なタイプ、一番を取りたい!と焦ってあわててしまうタイプ、など色々分かれてきます。
とても盛り上がるので、みんな「キャッキャ」と楽しく活動します。でも実は、反射神経や、瞬発力を養うことに繋がっているのです。

ここまでは、5歳児でも難しくはないと思いますが、次のメニューが出来るかな?どうかな?
と私自身も不安な部分はありましたが、やってみよう!と思いトライしてみました。

笛を吹いた回数の人数で集まって座るというゲームです。
きちんと、最後まで笛の音を、数えながら聞く。周りを見ながら、声を掛けながら、判断をする。

いざやってみると、自然にリーダーになる子が出てきて、自分達で一生懸命数を数え、人数を合わせる。
ということが、時間は掛かりましたが、出来るグループが出てきました。

そして一番関心したのが、人数が多くなってしまったグループから、自ら人数を合わせるために、外れた子がいました!
みんなのために、自分を犠牲に出来る子がいたんです!
私は感動して、みんなでその子に拍手を送りました。

人数を合わせられなかったグループには、軽めのジャンプ等を入れてみました。
すると、それも、またみんなが大喜びをして、楽しそうにジャンプをするんです。
子どもの無邪気さには誰もかなわないですね!

そして、初めて、リフティングの練習も始めてみました。
次回は3回くらい出来るようになるかな??難しいかな?


そして最後に、ボールを多めに入れて試合を行いました。
男の子も女の子も、夢中でボールを追いかけ頑張っていました!
休み時間でも、サッカーをやっているようなので、3か月前よりも上手になっています!

この3ヵ月という短い時間ですが、
最初は少しジャイアン的存在だった子が、一番協力してくれるようになったり、
「早く来て!並んで!」と、声を掛けられる子が出てきたり、子どもたちの成長に驚きました。

先生たちも、一生懸命子どもたちに向き合ってご指導されているので、日ごろのたまものですね!

短い時間の中で、サッカーが上手くなるのは、難しいですが、ボールには慣れていくと思います。
サッカーや、色々なコーディネーショントレーニングのようなものを、少しずつ取り入れながら、
自分の体を思うように動かせる能力が身についていったらいいですね!

そして、出来ない事が悪いのではなく、出来ない事で元気を無くす必要もなく、
次、出来るようにするために、より集中する事。
そして次は成功させるぞ!という、チャレンジしていく姿勢がとても大切です!
楽しく体を動かしながら、そんなメッセージを込めながら、子どもたちの成長のお手伝いをさせてもらいたいと思います!

2回目のクリニックの様子はこちらをご覧ください。

リフティングの練習にも挑戦!
足でボールをコントロールをすることが上手になってきました!
最後にゲームをしました!
幼稚園の門の前でパチリ。