地域交流

子育て支援センター『すくすく』に関するお知らせ

7月7日(金)『すくすく』2017年度第2期ウィークリープログラムを開始!

7月7日(金)『すくすく』2017年度第2期のウィークリプログラムが始まりました。

今日は、七夕を題材にして、『たなばたプールびらき』の絵本を見ました。
季節の行事を知った後、星の製作遊びをしました。星の形の画用紙にクレパスで顔を描き、きらきらテープをで飾りました。
子どもたちは好きな色を選び、思い思いにお星様の顔を描きました。出来上がったら、織姫と彦星の住む夜空に星を飾りました。
また、お土産にもうひとつ作り、リボンを通して首からかけられるように作りました。
首からかけてもらった子どもたちは、とても嬉しそうな表情をしてさようならをしました。

最後に願い事が叶うよう、お母さんと一緒に揺れながら『きらきら星』を歌いました。

今日は七夕、みんなの願い事が叶いますように...!

本日のプログラムは、矢野 日出子ゼミ(児童教育学科4年次生)が担当しました。

※子育て支援センター『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、
10組の親子を対象に本学の教員と学生が3ヶ月間の子育て支援プログラムを提供しています。

これまでのウィークリープログラムの様子は、こちらです。

星に顔を描きました。
完成した星を飾りました。