地域連携

子育て支援ひろば『すくすく』に関するお知らせ

6月21日(金)『すくすく』2019年度第1期ウィークリープログラム第10回目を開催!

6月21日(金)、『すくすく』今期10回目となるウィークリープログラムを開催しました。

今回はいつものプログラムとは違い、お母さん方の勉強会です! 神戸市北区保健福祉部保健師別所詠美子氏をお招きし、「夏に流行る感染症」について、保健師講習会を行いました。

はじめに、夏に流行る感染症のお話をしていただき、予防のポイントを教えていただきました。いくつかあるポイントのうち、普段からみなさんも心がけている、手洗い・うがいの大切さを学びました。そして、普段の手洗いでどれだけの洗い残しがあるのか、手洗いチェッカーという器械を使って、子どもたちもお母さんと一緒に体験しました。

専用のジェルを手につけ、いつもどおり手を洗います。そして、手洗いチェッカーに手をかざし、洗い残しがないか見てみると...、丁寧に洗っているつもりでも、汚れは残っているようでした。

よく洗っているつもりでも、汚れは残ってしまいます。正しい手の洗い方を実践することで、ほとんど汚れは落ちるそうです。正しい手の洗い方をマスターし、感染から守っていきたいですね。
教えていただいた手洗いの仕方をおうちでも実践し、病気にかからないよう心がけましょう!

お母さん方がお話を聞いている間、子どもたちはお姉さんやお友だちと遊びました。
おままごとをしたり、積み木をしたり、絵本を読んだりと楽しい時間を過ごしました。

※子育て支援ひろば『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、10組の親子を対象に本学の教員jんと学生が3ヵ月間の子育て支援プログラムを提供しています。

これまでのウィークリープログラムの様子はこちらです。

お母さん方は、お勉強中です!
きれいに洗えてるかな?
みんなで仲良くおままごと