地域連携

子育て支援ひろば『すくすく』に関するお知らせ

4月19日(金)『すくすく』2019年度第1期ウィークリープログラム第3回目を開催!

4月19日(金)、今期3回目のウィークリープログラムを開催しました。

今回は、新聞紙あそびをしました。

魔法の四角い新聞紙が、「しんぶんし ぱーたぱた、なーにができるかな~♪」の歌に合わせてどんどん形を変えていきました。そして、「てじなじなじなてじな。1・2・3!」と魔法をかけると、チューリップに変身しました。そんなおもしろい新聞紙を使って何をするのかな?

まずは、新聞紙をビリビリー! そして、パーンチ!! あとは、新聞紙吹雪にしたりいろんな遊び方で楽しみました。

そして、ビリビリした新聞紙を集めてボールを作りました。小さな手で新聞紙を集め、ギュッギュと丸め一生懸命ボールを作っていました。そして、みんなが作ってくれたボールを使って玉入れをしました。動く箱を追いかけて、それ! 見事に箱に入り、大喜びの子どもたちでした。
次は、箱の位置が高くなります。届くかな? お母さんと力を合わせて...、ポン! お母さんに抱っこしてもらい入れることができました。

最後に、お母さんに兜を作ってもらい、おしまいにしました。嬉しそうにかぶる子どもたち。笑顔で『すくすく』をあとにしました。

※子育て支援ひろば『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、10組の親子を対象に本学の教員と学生が3ヵ月間の子育て支援プログラムを提供しています。

これまでのウィークリープログラムの様子はこちらです。

新聞紙をビリビリしたよ!
勢いよく、パーンチ!! 
お母さんと力を合わせて…、ポン!
カコイイ兜をかぶって、ハイ、ポーズ☆