地域連携

子育て支援ひろば『すくすく』に関するお知らせ

2月8日(金) 『すくすく』2018年度第4期ウィークリープログラム第5回目を開催!

2月8日(金)、今期5回目のウィークリープログラムを開催しました。

今日は、布で作ったカラーロープで遊びました。
子どもたちはロープを見た瞬間、目を輝かせて興味を示しました。
そのロープを使って、お母さんと一緒にぎっこんばったんをしたり、ロープを円においてジャンプをしたり、2本のロープの間を転がったり、ロープをくぐったりして遊びました。
最初は、緊張して遊びに入りにくそうな子どももいましたが、学生が声をかけると遊びに参加する姿もみられました。
また、サーキットあそびで「自分の好きな遊びをしてみましょう」と伝えると、にょろにょろのヘビになって夢中で自分の遊びを楽しんでいました。
最後は「だるまさんと」の絵本を読み、その内容に合わせて、子どもたちが絵本の中のキャラクターの真似をする姿も見られました。
みんなでロープを使って体を動かし、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

本日のプログラムは、勝木 洋子ゼミ(児童教育学科3年次生)が担当しました。

※子育て支援ひろば『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、10組の親子を対象に本学の教員と学生が3ヵ月間の子育て支援プログラムを提供しています。

これまでのウィークリープログラムの様子はこちらです。


お母さんと一緒にぎっこんばったん!
円の中にジャンプ!
とどくかな?せーの、ジャーーンプ!!