地域連携

子育て支援ひろば『すくすく』に関するお知らせ

1月25日(金)『すくすく』2018年度第4期ウィークリープログラム第3回目を開催!

1月25日(金)、今期3回目のウィークリープログラムを開催しました。
今日は輪投げ・ボウリング・魚釣り・的当てのブースに分かれてゲームをし、自分で好きな遊びを選び楽しむ様子が見られました。

輪投げでは、大小さまざまな輪を両手を使ったり、片手で投げ入れたりしていました。ボウリングでは、手でボールを投げたり、足で蹴ったり、また、大きいボールや小さいボールを使ってそれぞれ楽しんでいました。魚釣りでは、集中して黙々と魚を釣って楽しむ姿があり、釣った魚をもらい大喜びの子どもたちでした。的当てでは、動物の的にボールを当て、全員がすべての的を倒すまで諦めずに挑戦していました。4つの遊びがあり、できた喜びをお母さんやお姉さんと共感しあう姿が印象的でした。最初は冷えていた身体もいろいろな遊びを通して身体を動かすことで、心も身体もポカポカになりました。

本日のプログラムは、戸江 茂博ゼミ(児童教育学科4年次生)が担当しました。

※子育て支援ひろば『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、10組の親子を対象に本学の教員と学生が3ヵ月間の子育て支援プログラムを提供しています。

これまでのウィークリープログラムの様子はこちらです。

お魚釣れたよ♪
全部倒れるまでがんばりました!!
輪投げに挑戦☆
何本倒せるかな?