地域連携

子育て支援ひろば『すくすく』に関するお知らせ

1月11日(金)『すくすく』2018年度第4期ウィークリープログラムを開始!

1月11日(金)、2018年度第4期ウィークリープログラムを開始しました。

今回は、タオルを使って親子で「いないいないばぁ」や「キャッチボール」「そり遊び」をして遊びました。初めのうちは、少し怖がってためらう子どももいましたが、お母さんと一緒に体を動かしている間に、だんだん楽しくなっていく様子が見られました。

また、お友だちやお姉さんと一緒にタオルを繋げ、長いグニャグニャ道を作って渡ったり、お母さんやお友だちと電車ごっこをして遊びました。お姉さんたちも一緒に遊び、子どもたち全員が楽しい雰囲気で遊ぶことができました。

タオルを使っての遊びは、日頃家庭でもできる遊びなので、今日をきっかけにまた遊んでほしいと思います。寒い一日でしたが、タオル遊びを通して心も体もあったかくなりました。

本日のプログラムは、矢野日出子ゼミ(児童教育学科4年次生)が担当しました。

※子育て支援ひろば『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、10組の親子を対象に本学の教員と学生が子育て支援プログラムを提供しています。

これまでのウィークリープログラムの様子はこちらです。

いないいないはあ☆
そり遊びをしたよ♪
みんなで電車ごっこ。レッツゴー!!