学生生活

お知らせ

新型肺炎(コロナウイルス)に関する本学の対応について

学長 三井 知代

皆様もご承知のとおり、中国湖北省を中心に感染が広がる新型コロナウイルスによる肺炎について、政府は1月28日、感染症法で定める「指定感染症」に指定する政令を閣議決定(2月1日施行)しました。また、外務省は1月24日付で中国湖北省に対して感染症危険情報レベル3「渡航は止めて下さい(渡航中止勧告)」を、31日付で中国のその他の地域に対してレベル2「不要不急の渡航は止めて下さい」を発出しています。日本においても国内感染例をみとめており、今後も感染の拡大が予想されます。こうした状況に鑑み、本学における学生・教職員の海外渡航などの方針を次の通り定めましたのでこれに従って行動してください。

1.これまでの対応について
本学はこれまで、1月27日付でHPにおいて海外渡航の是非の検討など注意喚起を行い、中国からの入国に際しては、滞在地域、日本帰国予定日の把握及び日本帰国後2週間の健康状態(朝夕の体温測定、呼吸器症状の有無など)の大学(国際交流担当)への報告を依頼しています。

2.今後の海外渡航及び受け入れについて
①中国(香港、マカオを含む)への渡航を予定している方は、事態が終息するまで渡航を原則中止してください。
②今後他の地域や他国への感染拡大の可能性が大きいことから、外務省海外安全ホームページ
(参照URL:https://www.anzen.mofa.go.jp/)などで常に最新の状況を確認し、危険地域への渡航及び受け入れに関しては、慎重に対応して下さい。教職員の海外渡航に関しましては、従来通り、海外渡航届の提出につきまして遺漏のないようお願いいたします。

3.体調管理について
①「保健室からのお知らせ.pdf」に従い、体調管理に努めて下さい。
②中国から帰国した場合 日本に帰国後、2週間は健康状態(朝夕の体温、咳などの有無)を観察し、毎日、大学(学生:国際交流担当、教職員:庶務担当)に報告してください。 この期間止むを得ない場合を除いて自宅に滞在(自宅学習等)してください。なお、学生が自宅学習等を行う場合、指導教員は当該学生の不利益とならないよう、メールでの指導やレポートの提出などの方法で対応することとします。

4.今後の情報提供について  
今後も大学ホームページ、Shinwa.Smile.net及びSCOM回覧などを通して情報提供を行いますが、学生及び教職員の皆様は、政府などから発出されるこれらの情報を通じて、適切な判断・行動を心掛けてください。