学長メッセージ

創立50周年を迎えて

写真

学長 山本裕之(やまもと ひろゆき)

2016年、本学は創立50周年の記念の年を迎えました。1966年の開学から半世紀、友國晴子先生の教育理念「新しい女性の創造」を掲げ、実践してまいりました。このように記念の年を迎えることができましたのも、卒業生や保護者の皆様、そして地域の方々のご支援があってのことと深く感謝申し上げます。本学ではさまざまな記念事業を予定しております。開学から半世紀の歩みを振り返り、新たな半世紀へのスタートの年としたいと考えております。


神戸親和女子大学創立50周年記念事業

主な3つの記念事業を紹介させていただきます。

ラーニングコモンズ『TOMO』竣工

 本学のラーニングコモンズが、いよいよ本年3月に竣工の運びとなりました。ディスカッションやプレゼンテーション、グループワーク、模擬授業など、さまざまな学修形態に対応できる新しい学修環境です。ラーニングコモンズは、1号館の南側、グランドに面して建っています。愛称は、学生と教職員から公募され、『TOMO』と決定されました。窓の開口を大きくとった、明るく開放的な空間は、その愛称のように共に学び、集う場となることでしょう。4月のオープンキャンパスでは、このラーニングコモンズも開放し、実際に学生が使用している様子をデモンストレーションします。また、1階にはウッドデッキのテラスがあり、「シアトルズベストコーヒー」も入りますので、卒業生や保護者の皆様にも憩いの場としてご利用いただければと思います。

神戸親和女子大学附属親和幼稚園開設

 2016年4月1日、学校法人「親和学園」が運営する、「神戸親和女子大学附属親和幼稚園」を開設します。学校法人「慈愛学園」が運営する「三田慈愛幼稚園」を、学校法人設置者変更により、本学の附属幼稚園とします。本園は三田市ゆりのき台にあり、園児数266名(平成28年4月1日)の中規模幼稚園です。今までは、協定幼稚園を中心に行ってきました教職課程科目である教育実習を、本園でも実施することが可能となることで、教員や学生の幼児教育の研究の場として、活用できるようになりました。

創立50周年記念式典・記念講演会及び祝賀会開催

 創立50周年の記念式典は、10月8日(土)午後1時半より、神戸ポートピアホールで行います。式典に引き続き記念講演として、ノーベル賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長・教授に「iPS細胞がひらく新しい医学」という演題でご講演をいただきます。

 創立50周年を迎えた今、求められる「新しい女性」とはどのようなものでしょうか。女性と男性という性の区分にかかわらず、ひとりの人間としての生き方が問われる時代です。性別を超えて自らの生き方を選択し、自らの進む道を切り拓く人こそ、まさに「新しい女性」ではないかと考えます。この創立50周年を神戸親和女子大学の新たな歴史の始まりととらえ、教育、研究のより一層の充実に努めてまいります。