NEWS詳細

2017年06月07日イベント
親和学園創立130周年記念「第12回国際教育フォーラム」を開催いたします

このたび、本学では、学校法人親和学園創立130周年記念「第12回国際教育フォーラム」
として、イタリアのレッジョ・チルドレンから、お二人のパネリストをお招きし、
レッジョ・エミリア・アプローチについて学ぶためのシンポジウムを開催いたします。

親和学園創立130周年記念『第12回国際教育フォーラム』

◇シンポジウム
 レッジョ・エミリア・アプローチに学ぶ
~子どもの主体的な学びを育むプロジェクト活動~

レッジョ・エミリア・アプローチの中心の一つが、プロジェクト活動です。
プロジェクト活動は、子どもと保育者が協働して、偶然の出来事、子どもたちの疑問、
アイデアから生まれたものを立案し、何週間も何か月もかけて継続して学んでいく
学びの形態です。子どもたちはグループで対話し合い、学び合っていきます。
子どもたちはマテリアル(素材)を探索し、創造的に表現するよう導かれていきます。
プロジェクト活動を通して、子どもたちは豊かな人間性を養い、学びの楽しさを味わい、
問題解決能力を身に付けていきます。子どもたちの思考や学びの過程が記録され、
ドキュメンテーションとして記録文書化され、保育者や親たちも子どもたちの学びの
過程を共有するのです。
わが国の教育界、保育界において、今、子どもの自発的、自主的な学びを促進する
アクティブ・ラーニングの考え方が導入されようとしています。いわゆる、子どもの
「主体的・対話的で深い学び」です。プロジェクト活動は、アクティブ・ラーニングの
先進的な形態と考えられます。
シンポジウムは、プロジェクト活動の実際を踏まえ、子どもの主体的な学びを促す
保育・教育、子どもとともに学び合いながら育っていく保育者のあり方などについて、
議論を深めたいと思います。

◇日 時 : 2017年7月17日(月・祝) 13時00分~16時30分(受付12時30分)

◇場 所 : 神戸親和女子大学 421教室

◇定 員 : 200名(先着順) ※入場無料

◇パネリスト
パオラ・ストゥロッツィ氏
レッジョ・エミリア市幼児教育委員会(ぺダゴジスタ:教育専門家)
マッスィモ・ギラルディ氏    
レッジョ・エミリア市幼児教育委員会(アトリエリスタ:芸術専門家)
山根 耕平 (神戸親和女子大学 名誉教授)

◇コーディネーター 
猪田裕子 (児童教育学科准教授)

◇通訳
平吹和佳子氏

◆申込方法◆
  詳しくは、下記チラシ(「第12回国際教育フォーラム」PDFファイル)にて
ご確認の上、お申込みください。

【問い合わせ先】
神戸親和女子大学 児童教育学科合同研究室
TEL : 078-591-3574(平日9:00~17:00/土日祝休)
FAX : 078-591-2372 

お申込みはこちらからお願いします。
      ↓  ↓

第12回国際教育フォーラム.pdf

↑ ページトップ