NEWS詳細

2017年04月21日ニュース
4月21日(金) 『すくすく』 2017年度第1期ウィークリープログラム第3回目を開催しました!

  • こいのぼりに模様をつけました!
    こいのぼりに模様をつけました!
  • 大きなこいのぼりが完成しました。
    大きなこいのぼりが完成しました。
  • こいのぼりを泳がせました。
    こいのぼりを泳がせました。

 4月21日(金)、『すくすく』の今期3回目となるウィークリープログラムを開催しました。

 今日は、もうすぐ子どもの日ということもあり、こいのぼりの製作をしました。
 2メートルくらいの大きな白い布のこいのぼりに筆やタンポでいろんな色の絵の具を使って、模様をつけました。
はじめは、絵の具や大きな布に少し戸惑っている様子がみられた子ども達ですが、少しずつ大胆に遊びはじめ、腕を大きく動かして色をつけたり、最後には手のひらや足の裏に絵の具をつけてスタンプをするなど心も身体もいっぱい使ってこいのぼりの製作を楽しみました。

 最後に完成したこいのぼりをすくすく横の棹につけて空に泳がせました。
外に出て、自分たちで作ったこいのぼりを見たり、お母さんに写真を撮ってもらって喜んでいる様子が見られました。

 みんなもこいのぼりみたいにのびのび元気に大きくなってね。


 本日のプログラムは、佐藤 智恵ゼミ(福祉臨床学科4年次生)が担当しました。

※子育て支援センター『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、10組の親子を対象に本学の教員と
 学生が3ヵ月間の子育て支援プログラムを提供しています。

 これまでのウィークリープログラムの様子はこちらです。


↑ ページトップ