NEWS詳細

2017年04月03日ニュース
バレーボール部海外遠征 フィリピン PSL Invitation 2017 第二戦(その2)

バレーボール部、フィリピン遠征第2試合。Cignal HD Skikers(シグナル)と対戦しました。神戸親和女子大学 2勝目です。試合後は会場前に多くの現地のファンが集まったため、セキュリティに囲まれながら車に乗り込みました。

PSL Invitational 2017 ファイルステージ
神戸親和女子大学 3ー0 Cignal HD Spikers
25ー23, 25ー20, 25ー23

スーパーリーガ2位のシグナルはとても攻撃力があり、WS(ウィングスパイカー)の2人とOP(オポジット)の3人が、175cm近くの高さがありフィリピンを代表する選手でとても強い対戦相手でした。

第1セットは相手の強いサーブで攻められ、常に2、3点リードされる展開でしたが、終盤にようやく追いつき20ー20、先に1点リードを奪いそのまま逃げ切ることが出来ました。

ローカルルールにより、第2セットは全てのメンバーを入れ替えてスタートしなければなりませんでしたが、神戸親和女子大学のセカンドチームが頑張りました。スタートからリードを奪い16-12。相手はメンバーチェンジをして、レギュラーメンバーに戻すも追いつけず2セットを先取しました。

第3セットはスタートから走り、リードを奪う展開も、終盤に相手のブロックに捕まり並ばれ逆転される20ー21。しかし、ここからよく粘り、丁寧にラリーを繋げ、逆転し逃げ切りました。

本日最終戦の相手、リーグ1位のペトロンは、180cmを超える選手が2人もおり、全ての選手が170cmを超える長身のチームです。粘り強いバレーを展開して優勝を目指します。

以前の現地報告はこちら


↑ ページトップ