NEWS詳細

2017年03月17日ニュース
3月17日(金)『すくすく』2016年度第4期 ウィークリープログラム第10回を開催!

  • 保健師講習会の様子☆
    保健師講習会の様子☆
  • お姉さんに絵本を読んでもらいました♪
    お姉さんに絵本を読んでもらいました♪

 3月17日(金)、『すくすく』の今期10回目となるウィークリープログラムは、オープンプログラムとして、いつものウィークリープログラムより4組多い親子のみなさんにご参加いただきました。

 今日はいつものプログラムとは違い、お母さん方のお勉強会です! 神戸市北区保健福祉部 保健師 片山 優吾氏をお招きし、「子どものすこやかな育ち」をテーマに、保健師講習会を行いました。

 まず、子どもの育ちに必要な3つの要素について教えていただきました。
 1つ目は「ぐっすり眠る」ことです。ぐっすり眠るには、身体の中心温度を下げることが必要となるため、お風呂やご飯は眠る1~2時間前に済ませましょう。2つ目は「楽しく食べる」ことです。できるだけ家族一緒に食事を摂るようにし、テレビは消しておきましょう。3つ目は「たっぷり遊ぶ」ことです。大きく身体を動かして遊ぶことで、身体の使い方やバランスを獲得していきます。
 この3つの要素を大事にしていきながら、子育てを楽しんでいただきたいとお話してくださいました。

 このほか、発達のめやすやアンガーマネジメントについても教えていただき、お母さん方も積極的に質問をされていました。

 お母さん方がお話を聞いている間、子どもたちはお姉さんとお友だちと一緒にままごとや積み木など、好きな遊びを楽しんで楽しく過ごしました。最後にはお姉さんに絵本を読んでもらい、嬉しそうな子どもたちでした。


※子育て支援センター『すくすく』では、ウィークリープログラムとして、10組の親子を対象に本学の教員と
 学生が3ヵ月間の子育て支援プログラムを提供しています。

 これまでのウィークリープログラムの様子はこちらです。


↑ ページトップ